ここ数日朝がとても寒いです・・・。
しかし冬はこれからが本番。

毎年インナーにシルクを使ったレギンスを履いてますが、今年は楽天で人気の裏起毛レギンスを買ってみました。

さて、暖かさや履き心地はどうなのか実際に履いてみた感想をレビューします♪


なんとなくネットを見ていたときにふと目に止まった
楽天で1日1000枚とか売れたというレギンスがこちら



私が見た時はたまたまセールで安くなっていました。
裏起毛のレギンスちょっと気になっていたので、これはチャンス♪


IMG_1413_20180111144632ade.jpg





裏は全面ふわふわの起毛
起毛と言ってもフリースタイプじゃなく、ふわふわとした長い毛です。

IMG_1497.jpg


素材:コットン・ポリエステル・スパンデックス

嬉しいのは素材にコットンが入っていること!
素材はたくさん使われているものから先に表示されるので、コットンが一番多く使われているレギンスということになります。


化学繊維だけだと、チクチク感が強くなったり静電気が起きやすいので、天然素材の綿が多く入っていると安心します。

そのためちょっとお値段は、他の裏起毛レギンスより高めです。


例えば、裏起毛レギンスでお値段が500円台のものがあります。
最初「おっ、安い」しかも私が買ったものとデザインがそっくり。

ならこっちの安いの(500円代のやつ)でいいんじゃないの?と思いました。

しかし素材が全然違うのです。
激安裏起毛は・・・
ナイロン 94.6%
スパンデックス 5.4%


綿が素材に使われている裏起毛は他にもあるんですよ。
でも表示を見ると、ポリエステル 綿 ポリウレタン 
綿よりポリエステルの方が多かったりします。

実際にいろいろ検索してみると綿が多くて、毛がふわふわしたものはほとんと売ってません。


見つけたときは「やった!」と思いました。

というのも、私はこれまで「冷えとり」を実践していて
レギンスと言ったら、天然素材それもシルク入りが一番って思っていたんですね。
しかしシルク入りのものって弱いし、重ねばきを何枚もしないと暖かいとは言えないのです。

そこで、思い切り路線変更をして裏起毛を履いてみようと思ったのでした。



届いた商品を見て、「細すぎるかも!?」と焦りました。

私は163㎝
中肉中背タイプです。

しかし、なんとも細く見えるこのレギンス履けるのか?

と不安に思いましたが、実際に履くとのびるのびる(笑)

ビョーンと伸びるというより、カラダのラインにキッチリと合うような伸縮性です。

そしてやっぱりというか、裏起毛のふわふわが暖かくてとても気持ちよいです。

「裏起毛レギンスの肌触りは最高!」


以前の名残で、つい下にシルクのスパッツを履いて重ねてみたくなるのですが
下に違う素材のレギンスを履くと、裏起毛の良さが実感しにくくなります。

それはもったいないので、今は必ず一枚で履くようになりました。


ところで、このレギンスは丈が長めで、途中から薄い生地になっています。

IMG_1414.jpg

薄い部分をトレンカのように、足裏の半分くらいまで引っ張って履くのが私履きかた。

普通のレギンス状態にして履くことも出来ますが、そうすると足首に跡が付きました。

これは私の足がむくんでいるからかもしれません。





「裏起毛レギンスを数回履くと・・・」
もう1ヶ月くらい履いていて、もちろん洗濯も何度もしています。

型崩れすることなく、とても丈夫です。
他の綿98パーセントとかのレギンスのようにのび気味になることも、今のところはありません。

ただ・・・、ちょっと毛玉は付きます。

表面にだけチョンチョンとした毛玉ができました。

私はインナーとして履くのであまり気にしていないのですが、大量には出来ないので切って処理できます。


昨日は風がとても強いなか早朝のワンコ散歩に出かけたのですが
裏起毛レギンスは風も通しにくく、温かいんですよ。

寒がりの私が、このレギンス1枚にデニムスカート(丈はマキシ)でOKでした。
これが例年なら、内側がシルクで外側がウールかコットンのレギンスを2枚重ね、その上にデニムを履いても
寒い・・・だったのに。




ちなみに同じ商品でもショップによってお値段が違いました。
時期によってセール価格になったりするようですが、今はこのショップが一番安いようです。

送料も無料です
 ⬇︎   ⬇︎



ちなみに高いお店だと、同じレギンスでもお値段が2300円とかだったりします。


夜寝る時履いてねると、暑くて寝れません。(寝るときはいつものシルク×コットンのスパッツを履いてます)

しかし昼間はもう最高に温かいし、蒸れないし伸びも良いし。
いうことなしです。


買って良かったインナーです。

 カテゴリ
 タグ
None