この季節に発売される楽しみな本があります。

易・気学の本
村山幸徳著「展望と開運」です。

展望と開運2017

新品価格
¥1,944から
(2016/11/30 11:44時点)




この本、「驚異の的中率」と言われています。

書かれていることも多岐にわたりまたとても深いのです。
誰もが知りたい、仕事、恋愛、健康などのほかに、社会情勢や政治経済に関しても詳しく解説されています。


私がこの本を知ったのは、自分も習いに行くほど気学に興味があったころ。
ふと書店で展望と開運を手にし村山幸徳さんの文章を読み
「あぁ、もう習う必要ないや」と思ったのです。

私のような素人が浅〜い知識で読み解くより、確かな眼力と知識で読み解かれたものの方が絶対確かだわ!
あっさり気学の勉強をやめました(笑)

で、この本を人に薦めているのです^^

以前習い事で一緒になった知人は、誰もが知っている超有名企業で秘書をされていました。
彼女に展望と開運を薦めたらすっかりお気に入りになり、
ボスである上司にも紹介すると、すっかり気に入ってくれて毎日熟読。

そして半年もしない頃・・・、知人の上司は超大きな会社の社長になったのです!!

社長秘書になった知人曰く、社長になったその方は運が強くまたとても素直なのだそうです。
ビジネス系のテレビ番組に時々出演されていますが、元気でとても明るい方でした。
きっと展望と開運に書かれていることも、素直に受けとめていたのだろうなぁ・・・と思います。


私はほぼ毎年買っているのですが、今年2016年は買っていないのです。
それはなぜかというと、今年は気学運気でいうとあまり良くないのを知っていたから・・・。

で、私は「悪いことはあえて知らなくていいや」と意識をそこから遠ざけたつもりでした。

ところが、今月まさかの病疑惑。

検査までの間しばらく何も手に付かなくて、慌てて村山さんの本を開いてみました。

そうしたら、七赤金星は今年は運気の底で、体調も今年(とくに11月)が一番悪く、冷えに注意とあるのです。
ガーーーン。

最初からちゃんと読んでいたら、冷え対策もしていただろうに・・・^^;

こういった占い的なものは、何も悪いことを知らせてそこで気分をブルーにするのではなく、
あらかじめ知ることで対策を打つためのものだったのですよね。

私は、朝のテレビの占いなんかで悪いこと言われると、ほんとうにその通りになっちゃうタイプなので、
それを回避したつもりだったのですが、大きな勘違いでした。


これを反省として来年は良い年にするぞ〜。


2017年度は、Kindle版にしました。

IMG_7259.jpg

なぜかというと厚くて重い本だから^^:
そして出先でも読むことができるし、最近老眼が進んできたため、文字を大きくできるのもありがたい(笑)




横にある小さな本は、展望と開運を九星別に毎日の運勢と開運法などを書いたもの。

おそらく毎日読むことはないと思うけど、村山幸徳さんの文が好きなのと、
何かで迷ったり困ったときの判断材料になるかと思って買いました。




 カテゴリ
 タグ
None