何年も愛用していたバッグの角が擦れていました。
それでずっと使わずにいて、ブランディアに出そうかなぁ・・・
なんて思ってました。

IMG_7112.jpg
マルベリーのベイスウォーター

それが、すこし前に買った地曳いく子さんの本を読んで目からウロコ。

大人のおしゃれDo!&Don't ババア上等! 余計なルールの捨て方




地曳さんは革のバッグ、そして革ジャンの色が薄くなってきたら、革を染めるスプレーを買ってきて自分で染めるのだそうです。
その手があった!

本を読んですぐやれば良いものを、やっと今日実行することができました。


地曳さんはスプレータイプを使うそうですが、私は縁の部分にだけ使いたかったのでペンタイプにしました。

使ったのはこちら
 ↓   ↓

LOCTITE(ロックタイト) 革色補修ペン ダークブラウン 20ml DLP-02D





スプレータイプを使う場合は、周りに飛び散らないようにビニール袋のなかで作業すると良いそうですよ。



これが補修前のバッグの角

IMG_7103.jpg


補修後

IMG_7111.jpg


大成功です!!

思ったよりずっとずっと自然です。 補修箇所、実際はほとんどわからないと思います。


地曳さんは数年に一度20万円程度の気に入ったバッグを買って、1年のうち300日持ち歩いて使い倒すそうです。

この使い方良いなぁ〜。 
ついお値段の張るバッグは勿体無いと思って、妥協してすこし安いものを買ったりすることがありますが、
たとえ少し高めのものでも、使い倒せば結局とても安い買い物になります。

反対にたとえプチプラでも、一回とか二回しか使わないとそれはとても無駄なものに・・・。

プチプラファッションで失敗が多すぎて最近は近寄らないようにしている私にとって、とても参考になるお話でした。


マルベリーのバッグは小ぶりでもものがたっぷり入ってとても使いやすいです。
そして何度と無く人にお褒めいただいた、褒められバッグです^^


マルベリーが誰より似合うと私が思うのはこの方

先日来日したケイトモス
すこし前の画像のようですが
ケイトモスマルベリー
※引用 http://yaplog.jp/celebfashion/archive/448

やっぱりカッコイイ





 カテゴリ
 タグ
None