家庭で酵素ドリンク作りを楽しむひとが増えてきました。

しかし、酵素ドリンクはたっぷりの砂糖で発酵させるんですね。

ここで足ぶみをするひとは多いかもしれませんね。実は私もそうでした^^;

酵素作りを教えていただいたのはマクロビオティックとリビングフードの先生。

ご存知の方も多いと思いますが、マクロビオティックでは、陰性の強い砂糖は使いませんし、
リビングフードでも砂糖は使わず、アガペシロップやメープルシロップを使います。

なのに酵素ドリンクにはたっぷりの白砂糖「そんなに入れちゃっていいんですかー?」
とビビりましたが、それには理由がありました。


手作り梅酵素を炭酸水で割って飲むのが好き


【酵素作りに白砂糖(ショ糖)を使うわけ】

精製された白砂糖は、不純物が無くなっている。
梅や野菜、果物といった酵素の原料の細胞膜に、スムーズに浸透し、
中のエキスを抽出することができる。

植物のエキスと、砂糖を混ぜたところに、常在菌が働くと、微生物による分解がされて酵素ができます。
分解が重ねられることで、砂糖は最後にはブドウ糖になっているというわけです。


【他の砂糖じゃだめ?】

「三温糖」
私も実験しましたが、三温糖は発酵がちょっと遅かったですね。
また三温糖は、ミネラル豊富というよりは、カラメル色素が添加されています。
この色素がやはり妨げになるようです。

「黒砂糖」
黒砂糖はミネラルが豊富です。
その豊富な栄養が酵素づくりにおいては、過発酵の原因になります。
発酵度合いをうまく見極めないと、あっというまに酢になることもあります。

「はちみつ」
ショ糖分が、少ないため発酵には適しません。

ちなみに糖類におけるショ糖のパーセンテージは、
砂糖97%、三温糖95%、黒砂糖80〜90未満、てん菜糖85%、
メープルシロップ65%、はちみつは数%。


以上の理由から、発酵させる酵素ドリンクづくりには白砂糖が一番適しているというわけです。

とはいえ、甘みのしっかりとある酵素ドリンク。美味しいからといってがぶ飲みはおすすめできません。
ほどほどにしましょうね^^

また、砂糖が気になるかたには、砂糖を使わない手作り酵素リジュベラックもありますよ。

レシピはこちらに書きました
▷▷ 酵素ドリンクの手作り・糖質制限中でもOK!お砂糖を使わないレシピ


 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
女子力アップは少しずつ順位があがってます^^
 ↓ ↓ ↓

女子力アップ ブログランキングへ
 カテゴリ