ある日気づきました。
右手の小指の下のあたりにごく小さなデキモノがあることに。

虫刺されの跡? 昔出来た主婦湿疹の再発? なんだろ?

気になるもので引っ掻いたりなんかしましたが、爪でこすっても、また出来るのです。


「これはもしやイボかも?」と一週間くらいして気づき(遅い)、
調べてみると、手の甲にイボが出来るのは中高年女性に多い症状だと知りました。

手

「オバちゃんの証」ってわけですね。 嬉しい♪(ウソ)


【イボの種類は大きく分けて2つ】
イボには2種類あって
ウィルス性ウィルス以外のものがあると言われています。
ウィルス性は「ヒト乳頭腫ウイルス」というウイルスに感染することでイボが出来るケース。

そしてウィルス以外というのは、いわゆる「老化」


ウィルス性のものは触るとうつる場合があり、掻きむしったりするのはNGです。

私のイボはどっちか不明ですが、手で散々引っ掻いていても他に転移していないので、オバちゃん性のイボかなと判断しました。



【イボの治し方あれこれ】

イボだと分かったので、次は治し方です。

調べてみると、ヨクイニンというはと麦から出来た漢方薬を飲むレーザー治療をする窒素で焼くイボコロリを使う、などいろいろ出てきました。

その中で一番気になったのは、お医者さんに「免疫力が低下しているとイボが出来る」と言われ、免疫力を上げる治療をしてもらって治ったという人のお話。

そんな治療をしてくれる病院あるんですね〜。

そして「やっぱりワタシの免疫力落ちてんのね」とも再認識。

ヨクイニンは薬局でも売っているし、もともとはと麦ですからハトムギ茶もいいかもしれませんね。

私もヨクイニンを飲むつもりでいたのですが、薬局を前にすると毎度その名前を忘れる^^;

メモしなさいよって話ですが(笑)



【私のイボが消えていた】

しかしある日消えていたのです。
よ〜く見るとまだうっすらと色素沈着は残っているのですが、イボ特有の突起がなくなっているのです。

これにはかなり驚きました。

で、何でだろ?と思い起こすと・・・、プラセンタが思い当たりました。

その前日は車で遠出してたっぷり紫外線を浴びたので、久しぶりにプラセンタを飲んだのです。

プラセンタは、いつも飲んでいる植物性のメロンプラセンタです。


久しぶりに飲んだのもあって、翌朝は手とくに指先しっとりスベスベ。

「やっぱりプラセンは効くなぁ」なんて思いながら手を眺めていたら、イボが平らにつまりほとんど無くなっていたのです。

ほかにいつもと違うことはやっていないので、これは間違いないなと。


メロンプラセンタ粒

メロンプラセンタ


【メロンプラセンタが効いたわけ】


植物プラセンタはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富ですが、しかし今回イボに効果があったのは一緒に含まれているアボカドオイルかなぁ?とも思っています。

なぜならアボカドオイルに含まれるビタミンEは、肌の血行を促進して、シミやシワの予防や、頭痛肩こりにも効果がある「若返りの栄養素」といわれているのです。

それともリンゴポリフェノールかもしれません。
リンゴポリフェノールは抗酸化力が強く、シミソバカスの原因になるメラニン色素を抑え、脂質の酸化を防いで血流を改善に効果があるとされています。


様子を見て治らなかったら病院に行かなきゃなぁと思っていたので、治って良かったです。
手の甲にシミやイボがあると、ほんとうにオバちゃん臭く見えてしまうものです^^; 
今回自分の手を見ていて、とっても哀しかったです(泣)。


これからますますメロンプラセンタが手放せなくなりそうです。

ほかのプラセンタのように、大々的に宣伝もしていないし、かなり地味〜な商品ですが、出会えて良かったと思ってます。

一般的なプラセンタよりはずっと試しやすい値段の上、初回は1回限り半額で買えます。
さらに解約手続きが必要な定期購入にもなっていなく、本当に1回だけ試すことができる良心的な商品でした♪

プラセンタ
メロンプラセンタ初回送料無料半額


クリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

シンプルライフ ブログランキングへ