最近ほとんど意識していなかった風水を改めて実践しています。
そうしたら、やる気が沸いたり、新しい出会いがあったり、臨時収入までありました(笑)


先日はパソコン内を整理して仕事運をUPする方法をご紹介しましたが、今日はパソコンよりもっと範囲を広く「デスク周り」の風水開運法です。

急に広い範囲を片付けようとすると心くじけるタイプなので、狭い範囲からご紹介させていただいてます(笑)

オフィス風水

【安心して仕事や勉強に集中できるデスク環境作り】

「机の向きを調整する」


まず、質問です!

お仕事や勉強をするときの机、お子さんの学習机を置くときの向きはどちらにしていますか?

① 壁に向かって(入り口のドアを背中にする)
② 壁を背にして(入り口がよく見える)


多くの人が「集中出来るように」との理由で①を選んでいるのではないでしょうか?

実はこれは、風水的には大きなNG。正解は②です。

なぜ壁向きがいけないのかと言いますと、「集中出来ないから」です。

人は背後が無防備だったり入り口が見えないと「落ち着かない」のです。

壁に向かって座っていると背中が無防備で、入り口が見えないといつ誰が入ってくるかもわからず、常に緊張した状態になります。

「無意識の状態でいかに安心できるか」これが風水ポイントのひとつ。


入り口が常に目にはいる状況は、安心状態です。

わたしも子供の頃からずっと机は壁向きだと思っていたので、風水スクールでこう聞いたときはかなり驚きました。
1度試しに壁を背にして座ってみるとなんとも「落ち着く」ことがわかり、それ以来模様替えをしても、まずは机の位置から決めています。



「机の向きを変更できないときの解決案」
しかし、机の向きを簡単に変更出来ないときはどうしたらいいのでしょうか?

オフィスでは自分勝手に席を移動できないものです。
とくに気になるのは、後ろに人が座っていて目線が気になる場合。
背後に人が座っていると何かと気になり仕事に集中しずらくなります。

でも大丈夫で!ちゃんと解決案がありますよ。

それはデスクの上に、鏡を置くことです。

小さなもので結構ですから、手鏡では無く置きタイプの鏡を置いて、背後からの視線や気配をブロックしましょう。

実は鏡には、気をはね返すチカラがあるのです
そのためには、鏡はいつもキレイに磨いておきましょう。

そして時々はちらりと覗き込んで、後ろの状況を知るように。
これで大丈夫です。


「机上に山を作らない」

仕事の出来ないひと、いつも探しものをしている人のデスクは資料や何かが山積みになっているので、すぐに分かると言われています。

自分で書いておきながら耳がイタい・・・(笑)

風水や易学では、山=停滞と考えます。 行動することが開運と考える風水ですから、自ら山を作ることはあってはいけないことです。


書類を上にどんどん積み重ねると、山になってしまいます。
下に置かれた書類は、どうしても忘れ去られて、提出を忘れてしまうことにもなります。

書類関係は「立てて置く」これが風水的解決法です。
案件やテーマ別にファイルに入れて、ファイルボックスに立てておくか、ブックエンドを使って立てておきましょう。

スッキリとファイリングされて立て置きされた書類は、探すのもスムーズで仕事が効率良く運び、どんどん良い気が流れていきます。


無印のファイルボックスは立てて置くのにピッタリ。
とくにオススメはハーフサイズ
無印良品ファイルボックスハーフ
※ 画像お借りしています


わたしごとになりますが、デスクにIKEAで買ったファイルトレーを置いていて、書類をどんどん重ねていたのです。

IMG_1204 のコピー

そうして、つい先日やってしまいました!
労働基準監督署から、「労働保険料が納められてません」とのハガキが・・・。

大きな封筒だったのに、書類トレーの下のほうに埋もれさせていて、すっかり忘れていたのです^^;

慌てて保険料を算出して(これが超メンドクサイ)、銀行に納めに行くことになり、その日の予定は全部崩れてしまいました。

ファイルトレーは廃止にすることにしました。

「IKEAで安く買えて、とっても便利♪」と思っていたのですが、ゴミが増えたというわけです。


しかしデスクトレーを処分しながら、引き出しを整理したらスッキリ。
すっかりノってきて、リビングに置いてあるチェストの引き出しを整理したら、引き出しの中が半分くらいに減りました♪


風水開運法はお金をかけることなく、開運できますよ。行動するだけです💗

と、自分に言い聞かせる(笑)



クリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

シンプルライフ ブログランキングへ

 カテゴリ