すこし前から愛読している、お水の本があります。
からだが若返る水の飲み方選び方 [ 藤田紘一郎 ]



この本を読んであわてました。
なぜかというと私、ずっと「飲んではいけない水」を飲んでいたんです!

有機無農薬の宅配野菜を食べて、サプリメントをあれこれ積極的にとっているのに、片手落ちとはこのこと・・・^^;


実は飲んではいけない水とは「水道水」のことです。

▷▷ 夏の水分補給のNGと正しいポイント3つ

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ









「水道水が飲んではいけない水ってなぜ?」

日本の水道水は塩素で消毒されていますが、この塩素殺菌の過程で、トリハロメタンが発生します。

トリハロメタンは発がん性物質で、からだに入ると、
中枢神経や肝臓、腎臓などの臓器に重い負担がかかり、アトピー性皮膚炎やぜんそくを悪化させ、集中力の低下や疲労感、
イライラなどの精神障害が出る危険性もあります。


「水道水は沸騰させれば大丈夫?」

実をいうと私、水道水は沸騰させればいいんじゃないのと思ってましたが、これは大きな間違いです!

なぜなら沸騰させれば塩素は飛び、雑菌は死にますが、問題のトリハロメタンは30分以上煮沸をしないと消失しません。
煮沸時間が短いと逆に発生量が増え、さらに沸騰直後は、トリハロメタンの量が2倍〜3倍に激増。


カラダに良いとされる「白湯」や「湯ざまし」も、水道水をそのまま使ったのでは逆にカラダに害になります。

赤ちゃんのミルクや、水分補給はもちろん、炊飯や料理にも浄水器を通した水をつかうことが大切です。



ビルトインタイプの浄水器を使っていて、フィルターの交換時期が来ていたのに、交換を面倒くさがってしばらく浄水機能がほとんどない水道水、つまり飲んではいけない水で料理をしていたのです。

本を読んであわてて、すぐに浄水器のフィルターを取り寄せました。




飲み水はミネラルウォーターにしていても、炊飯や料理、コーヒーやお茶は水道水では、有害物質をからだに取り込んでしまいます。

これをやっていたのが私です^^;



「キッチンだけでも、まずは浄水器を取り付けることが必要」と藤田教授は薦めています。

また「浄水器の性能や価格はピンキリなので、自分がどの段階で満足できるのかが大切」だと。

一般的に使われているのは、活性炭でろ過するタイプ。
活性化させて微細な穴をたくさんあけた炭をつかっていて、塩素、トリハロメタン、カルキ臭、農薬、カビ、鉄サビなどが取り除けます。 藤田教授によるとこれで十分だそうです





浄水器を付けられないときは、ポット型浄水器も便利です。
私も飲み水はポット型浄水器か、ミネラルウォーターを飲んでいます。
(なのになぜ、料理は普通の水を使っていたのかとっても疑問ですね^^;)


私はブリタを長いこと使っていて、2年前からクリンスイにしました。

2つの違いは、クリンスイのほうがより浄水機能が高いと聞いたからです。

でもクリンスイ、浄水機能が高い分に浄水時間がとってもかかるし、ポットそのものが使いにくいのです^^;
フタがしずらいのです。



さきほどご紹介した本には浄水器を買わずに浄水する方法も紹介されていました。



「家庭で簡単に浄水する方法」

木炭とガーゼを用意

こぶし大の木炭をガーゼに包み、1ℓの水に7時間ほど漬ける。
これだけです。

木炭の強力な脱臭作用で、塩素の臭いも消してくれます。

木炭はときどき、天日干しをすれば繰り返し使えます。



「ほどよい冷たさの水を飲む方法」


さらに本にのっていた、冷え過ぎないお水を飲む裏技をご紹介しますね。

それは「陶器製のポット」を使うこと。

陶器のポットに水をいれて、ひと晩常温に置くことで、ほどよい冷たさの水が完成。

陶器には小さな穴がたくさん開いていて、水を入れるとゆっくりと表面ににじみ出て少しずつ気化をします。
この気化熱によって、ポットは熱を奪われて、中の水はゆっくりと冷たくなるそうです。


冷たい水はカラダを冷やすから避けたいけど、常温の水も苦手・・・。
そんなかたは、ぜひ陶器のポットをご用意しましょう〜♪



私は最近、美容効果も期待してシリカウォーターを毎日飲み水に。スペシャルケアとして活性酸素をやっつけてくれる水素水を飲んでます。

▷▷ シリカウォーターを美肌とダイエット目的で飲んでます!水は機能で選ぶ時代


ワンコインの水素水はこちら▷▷ 水素水って何に効果があるの?実際に飲んでみた感想

たっぷりためしてみたいならこちらの水素水がおすすめです ▷▷ 「浸みわたる水素水」はお得ポイントが4つ隠されていました



どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ








 カテゴリ