白湯を飲もうと決めてから、毎日飲んでいますよ♪
アーユルヴェーダ健康法で美&健康を手にしませんか

ラッセルホブスのケトルで湧かして(一分足らずで湧く)、冷まして飲んでます。
すぐにグラスやカップに移さないと、何かやっているうちに白湯のことをすっかり忘れてしまい、ぬる〜くなっちゃうことも・・・。
ぬるすぎると、あまり美味しくないですね。。。

クリック頂けると、とっても幸せです
    ↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


オーガニック薬膳料理教室を主宰している高遠智子さんは、
毎日白湯を2杯飲み、その時感じた味によって、
素材を変えたジュースを飲むそうです。

朝にジュースやスムージーを飲むひとは今、とても多いですよね。
私もほぼ毎朝、酵素ドリンクかグリーンスムージーを飲んでいます。

朝食を食べるときは、ジュースを飲んで30分後。
そうすると、酵素がしっかりと胃腸に届いて、朝食の栄養の吸収がとてもよくなるんですってー。

私、グリーンスムージーと朝食を一緒にとってました
せっかくの効果が減っていたかも・・。
これからは、ジュース類は少し先に飲むことにします。


高遠さん流の、体調に合わせたジュースレシピのご紹介です。

「白湯が苦いとき」
(胃酸過多、逆流性食道疾患、寝不足、ストレスによる亜鉛不足かも)
にんじん2本、りんご1個、タイム2枝、かぼす1個
 
「白湯が甘いとき」
(体がほてっている、むくんでいる。脾臓・膵臓にトラブルがある場合も)
にんじん2本、りんご1個、セロリ1本、レモン1/4個

「白湯が酸っぱいとき」
(寝汗が多く、喉、目、口がよく乾く。水分が少なく、乾燥肌の人が多い)
にんじん2本、りんご1個、キウィフルーツ1個

「白湯がしょっぱいとき」
(ストレスが多い、体が冷えていて関節痛、肩こり、口内疾患になりやすい)
にんじん2本、セロリ1本、かぼす1個、大葉10枚

「白湯が美味しい」
(冷えもほてりもなく良い状態)
にんじん2本、りんご1個、かぼす1個

ジュースだけの人は1人分
朝食を食べる場合は、2人分(1人で飲むなら半分の量ですね)


まずは白湯飲みを続けて、日々の味の違いを知ることが大事かと感じました。




クリック頂けると、とっても幸せです
    ↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None