夏になってサンダルを履くようになると、気になるのが足裏のガサガサ。
とくに踵とか気になりますよね〜。

夏の足裏はなぜガサ付くのかというと、足裏はつねに体重分の負荷がかかっていて皮膚内部の組織を負荷から守るために、角質が厚くなるから。


夏はミュールやサンダルなど素足で履くため、より角質が厚くなるのです。



どんなお手入れをするかによって、ツルツル踵とガサガサ踵への道が分かれます。
間違った手入れは、より悪化させてしまうこともあるようです^^;

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ
美容皮膚科の医師がすすめるお手入れ法は、とてもシンプル。

使うものは「ワセリン&靴下」のみです。

入浴後水分をタオルでふき取って、表面がややベタつくくらいのワセリンを塗って靴下を履いて過ごす。
これだけです^^

靴下をはくのは、ワセリンが取れるのと、床が汚れるのを防止するため。

ワセリンは、添加物無しの白色ワセリンです。
薬局ならどこでも売ってますし、お値段もリーズナブル。ひとつあるとたっぷり使えます。

私の愛用ワセリン





やってはいけないのは電動やすり、酢酸に足を浸す、角質を削るグッズ、などで無理に角質をはがすことです。

これって、やってしまいますよね〜。 私もかかとをこするグッズはやコスメは今までいくつも買ってきました^^;


しかし、角質を無理にはがすとさらに角質が厚くなるのです^^;

なぜかというと、角質を無理にはがすと肌のバリアが壊れ、壊れたバリアを補うために肌の内部で角質細胞が量産されて、
どんどん上に押し上げられるのから。

つまり、削れば削るほど、厚みだけが増して、肌の保湿機能は下がるいっぽうというわけです。

なるほど〜。 知らずにやっていたケア、怖くなりました。



ひじやひざも同じように、角質を無理にとると厚くなるので、ワセリンを塗りましょう。

また頬杖をつく癖を見直すことも大切なことです。

美意識の高さで知られる君島十和子さんは、ひじを着くときはそっとタオルハンカチをテーブルに敷いているそうです。

さすがですねぇ^^


ひじやひざも角質化が目立つ場合は体の皮膚の代謝も低下しているサイン。
ビタミンAや亜鉛が欠乏していることにも原因があるようです。



また、どうしても黒ずみがとれない場合は、美容皮膚科でレーザー治療を受けるのが効果的だとか。
皮膚科によって価格は違いますが、両ひじもしくは両ひざで1回 ¥5,000円くらいからやってくれるようです。

ただしせっかくレーザーできれいにしても、頬杖をつく癖を治さないと、またすぐに黒ずんでしまうこともあるというので、
やはり癖を治すことが一番大切かもしれませんね^^



という私も、頬杖をつく癖と戦ってます(笑)。


どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ