夏のセール情報を見ていていたら、カナダグースダウンの予約を見つけました!

「ダウン? 早すぎじゃね?」と思われるかもしれませんが、あえて今、紹介させていただきますね〜。


なぜなら、カナダグースはすぐに売り切れるのでシーズンになるとなかなか買えません。(メンズはそれほどでもありませんが)

いまの予約段階ですでに売り切れのお店もあるほどです^^;

私は一昨年のシーズン少しまえに、「カナダグースかウールリッチが欲しいなぁ」と思い、探しまくりましたが全く見つからず。とても残念な想いをしました。

そこで去年は一昨年のリベンジをすべく、うんと早く夏の予約会で手に入れました。 

夏にダウンの試着は暑くてたまらないし、予約をしてから届くまでにはあまりに時間があって、最後はとうとう買ったお店に
「あの・・・、いつ頃入荷しますでしょうか・・・」と電話したほどです(笑)。

早過ぎるかなぁ〜と思ったけど、おかげで冬にあわてて探し回ることもなく、シーズンにはヌクヌクと極上の温かいダウンで、寒さ知らずで過ごすことができました。

扱っているのは、レイビームスさん 

"Jasper"(ジャスパー)  カナダグースで一番人気のモデルです



カナダグース"Jasper"

"Mackenzie"(マッケンジー) 日本限定モデルの中で一番丈の長いタイプです。



"Mackenzie"

"Labrador"(ラブラドール) 海外で人気のショート丈を日本人の体型に合わせてリモデルしたデザイン



"Labrador"

ちなみに私のカナダグースは、シャーロットというタイプ。
ジャスパーとの違いは、よくわかりません^^:

続きからは、私なりのカナダグースの良いところ悪いところをご紹介させていただきますね〜♪

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ


「カナダグースの良いところ」
まず、温かい!
これまでデュベティカのショート丈ダウンと、モンクレールのロングを所有していました。

しかし、カナダグースを着るようになったら、これしか着ません(笑)。
ほかが寒く感じるのです。

生地もポリエステル100%がダウンでは一般的ですが、カナダグースはポリエステル85%に綿が15%。
そのため着たときにヒヤッとしません。

洋服に合わせやすい!
これは好みの問題でなんとも言えませんが。
私はいろんな洋服に合わせやすいのと感じています。 


細部にこだわりがある!
例えば、フロントに付いている大きなボタン。 手袋をしたままボタンを掛けたり外したりできるように作られているのです。
これがとっても便利です。

ダウンのポケットの内側がフリース。
ダウンのポケットって手を入れるとヒヤッとしますよね。 あれがちょっと苦手でしたが、カナダグースは内側がフリースです。
そのため手袋をほとんどしなくなりました。(ポケットに手を突っ込んで歩くの大好き)



ただし、ちょっと残念な点もあります。

人とかぶりやすい。
これはダウンの宿命かもしれませんが、カナダグースは肩のワッペンが目立つので、「あ、同じだ」とすぐに気づきます。
ただしかぶり率は、女性とより男性とが高いです。カナダグースを着た男子ってとても多いですよね。しょっちゅうすれ違います(笑)。


手に入りにくい

ほんと手に入りにくいです。今年は解消されるといいのですが・・・^^;


フードのファーを取ると可愛くない(笑)
これも好みの問題かもしれませんが、カナダグースのフードはとても大きいのが特徴でそれが可愛いのですが、
ファーを取ると、なんともその大きさばかりが目立ってしまいます・・・。
そしてフードのボリュームがありすぎて、ベコッと裏返しになりやすいです。


と、マイナス面もぶちまけてしまいましたが、それでも偏愛してしまう良さがあるんです💗

さきほどご紹介した3種類のダウン、現段階では3点くらいずつしか残っていないようです^^;
夏にダウン・・・。ピンと来ませんが、早めに買っておくと安心ですよ。

ちなみに、私は今年はダウンじゃなくて、革ジャンが欲しいなぁと。
すでに試着もして、心は革ジャンに向いてます(笑)

▷▷カナダグース 本当に寒く無いダウン 今年のダウン

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ