昨日出かけたときに、あら!と驚いたことがあります。

それはね、「バラエティショップで水素水が売られていた」こと。

メロディアンさんのものが230円。 しかも、女性が飲みやすいようにストローが付いているんです。

まぁ〜、なんて親切な♪


こちらのサイトなら7本で500円です^^
↓ ↓
メロディアンハーモニーファインの水素水


その後喉が渇き、成城石井のドリンクコーナーに行くと、こちらにも2種類の水素水が売られていました。





ところで、喉が渇いたら何を飲みますか?

私の場合は夏「麦茶」、それ以外の季節は「ルイボスティー」か「白湯」でしたが、実はこれって大きな間違いだと最近知りました^^;

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ
きっかけになったのは、ある栄養学の先生のメルマガ。

お茶でもコーヒーでもなく

必要なのは「ただの水」なので

沸かした白湯でもなく

「ただの水」が必要なので ってこと!!



と書かれていたのです^^;

「え?! 白湯ってカラダに良いんじゃないの」と思いました。




さらに、メルマガでは水分補給にならない水の飲みかたの悪い例が紹介されていました。

「コーヒーやお茶で水分補給」
コーヒーやお茶を1杯飲むと代謝するためにその3倍の水が必要になるため、「水分補給」にならない。


「一気にゴクゴクと飲む」
一気にゴクゴク飲む水は一気にジャージャーと出ていき、腎臓に負担はかかるし水分補給にはならない。


コーヒーはさすがに違うだろ、と思っていたけど「お茶はオッケー」と思ってました^^;
しかもゴクゴク飲んでるし。

なぜゴクゴクがダメかというと、

「腎臓が水を処理する能力は分速16ml」
これを超える量の水を飲むと体内の電解質のバランスを崩し脳や心臓、筋肉が正しく働けなくなるそうです。

チビチビとカラダに入れることを意識しましょう。



栄養学の先生のメルマガで、この3つを知り、お水に関する興味と疑問がふつふつ沸いたところで、とても分かりやすい本に出会いました。


image1-128 のコピー


「脳はバカ、腸はかしこい」などの著書で知られる免疫学者藤田紘一郎教授の本です。

この本にも、先ほどのメルマガとまったく同じことが書かれていて、やはり、水じゃないとダメとのことです。

なぜ白湯じゃダメなのかというと、水は加熱して煮沸すると構造が変わってしまい、水が本来持つ生理活性を失うから。

ノドの渇きはおさまっても、細胞が潤うような効果が無くなるのだそう。


「熱中症や脱水症状に陥ったときは何を飲む?」
これは多くのかたが知っていると思いますが、スポーツドリンクや経口補水液が良いのですが、日常で飲むのはNG

飲み続けると、糖尿病になるリスクが高くなります。


以上のことから夏の水分補給のポイントは3つ

① 水を飲む(白湯、お茶、コーヒーはダメ)
② ゴクゴク一気飲みじゃなく、チビチビとこまめに
③ スポーツドリンクは常飲しない



藤田教授の本には、アンチエイジングに向いているお水として水素水、それもアルミパウチのものがすすめられていました。

バラエティショップやスーパーでも取り扱いが始まっているので、ノドが乾いたときに水素水を選ぶと、カラダの中から潤ってアンチエイジング効果もあるというわけです。

私も水素水飲んでます^^▷▷ 水素水って何に効果があるの?実際に飲んでみた感想

バラエティショップではひとつ230円。 同じ水素水が7本で500円です!
 ↓ ↓ ↓
水素たっぷりのおいしい水
メロディアンハーモニーファインの水素水

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ




 カテゴリ
 タグ