バラエティ番組では楽しいキャラクターとして人気のIKKOさんは、美容業界の重鎮。
とくに日本髪は「IKKOさんじゃないとダメ」と指名をする女優さんがとても多いことで知られています。

image1-125 のコピー

それまでの美容室の経験をいかし雑誌の世界に飛び込んだのは27歳と遅めです。
 

田舎から出てきて、コンプレックスが強かったため、モード一色、ファッション一色は無理だと感じます。
そのとき小さい頃から女優さんが大好きで、婦人誌を極めていくのが、女優のヘアメイクを手がける近道だと気づき、
和装の世界で生きていきたいと和装雑誌に全力を注ぎます。


そうして30歳で独立するころには、女優から指名され引っ張りだこの、カリスマヘアメイクに。



ご覧ください、この流れるような美しいライン。

行方不明

行方不明後ろ
タイトルは「行方不明」 毛先がどこに入っているのかわからない造りかたになっています。

もともと器用では無かったというIKKOさんですが、大先輩が1時間で仕上げるなら自分は30分で。
30分で仕上げるなら、15分で仕上がる努力をずっと重ねてきたのです。

「自分はこれだ」というものが欲しかったと言います。


IKKOさんのヘアスタイルのように作って、とオーダーされても、ほかの人はまず出来ないそうです。

さらにIKKOさんは技術の高さだけじゃなく、気配りにおいても最上級。

IKKOさんの過去記事です^^ ▷▷ ものを捨ててばかりだと前に進めない〜IKKOさんのお言葉

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ




「IKKOさんの気配り」

撮影の際には、女優さんが気持ちよく過ごせるようにと、あれこれ小物を持ち込みタクシーはギュウギュウに。
いずれの小物も、女優さんが気持ちよく演じるための小道具。

絨毯、アンティークの照明、アロマ、心が休まる音楽、
あるときは、「やっぱりおしぼりは温かいほうが気持ちいいだろうな」と思い、おしぼり製造機まで持ち込み女優さんに驚かれたそうです。

あっという間に撮影場所は「サロン・ド・IKKKO」に。



「自分が女優だったらこうして欲しいだろうな」というものを全部、用意してくれていたのでは。
IKKOさんが撮影場所にいると、つねに美しく見えるようにアドバイスもしてくれるので、安心だった。
何だって どんなことだって やりすぎるくらいできる 突き抜けたかた。
檀ふみさん談






現在テレビに出るようになってからは、共演者に必ず「手書きの」手紙をしたためることでも知られています。

達筆で知られるIKKOさんが、相手に合わせて一通ずつ書くというのですから、驚かされます。
しかも、年齢がうんと年下の共演者にも、です。

また贈り物の名人ともされていますが、必ず相手の好みをしらべてから贈り物を選ぶのがIKKO流。

そんなIKKOさんからいただけるものなら、書でもプレゼントでも宝物になりますね。




IKKOさんの夢は60歳になったら「この商品を使うと本当にきれいになる」コスメを作ること。
60歳といわずすぐにでも作ってほしいところですがそのために、世界中のコスメを研究しているそうですよ。


楽しみですね。 

女は努力すれば何歳でもきれいになれる!とIKKOさん。


IKKOさんの新刊に載っていた、オススメの商品をすこしご紹介しますね。

・超微細なソルトスクラブ
女王乳塩α+プレミアム
http://www.shimotori.co.jp/

・プチプラリップペンシル

口角だけ「くの字」にこのペンシルで描くのがポイント 口角に影ができて締まって見える効果があります
「口角は知性」by:IKKOさん

・天然微炭酸塩水

「スキンケアもインナーケアもまずは流すこと」IKKOさん

すこししょっぱい味で、IKKOさんはこのお水を飲むと、腸の調子と血流がよくなったそうです。

活性酸素を増やさないようにするなら水素水がオススメです。いまならワンコイン♪
水素含有率業界TOP!水素たっぷりのおいしい水


どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ