夫が昨日、こんな箱を手にして帰ってきました。

とある企業に打ち合わせにいった際に、お土産として頂いたそうです。


なんだと思いますか? 

今治タオル


私は「紅白饅頭に違いない」と予想。

白い小箱を見たら「紅白饅頭」発想が貧困です(笑)。


開けて見ると

タオル
やさしいベビーピンクの今治タオルでした!




箱が小ぶりだったので、ハンドタオルかと思ったら、しっかりと大きさのあるフェイスタオルでした。

嬉しい〜。 タオル大好き。 


タオルといっしょに、タオルのお手入れ法が書かれた紙が入ってました。

それを読むにつれ、「あらら・・・」私のタオルの扱い、間違いだらけです。


「タオル大好き」と言いながら、お手入れで痛めつけてました。^^;

せっかくやわらかなタオルを買っても、お手入れ次第ではゴワゴワタオルになってしまうのです。
続きから正しいお手入れについてまとめてみました。


どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ


① タオルの正しい洗いかた

「使ったら放置せずすぐ洗う」
洗濯ものから発生するイヤな匂いってありますよね。あれは、洗濯で落ちきれなかった汚れが原因です。
それを防ぐには、タオルを使ったら放置せずにすぐにあらう。

「洗濯は水多めのすすぎ回数多めで」

タオルがよく動くようにたっぷりの水で、すすぎの回数を多くすると、汚れがよく落ちて、部屋干しのときにイヤな匂いがなくなります。

「脱水は短くすぐに干す」
強い脱水は、タオルのパイルがつぶれてしまい、柔らかさが失われてしまいます。さらに脱水後放置すると、表面圧縮したまま乾き、元にもどりにくくなります。
脱水は短めにし、洗濯が終わったらすぐに干す。


「柔軟剤はタオルがやわらかいうちは使わない」
柔軟剤は繊維自体をやわらかくするものではなく、表面をやわらかく整えるものです。
新しいタオルに使うと、逆に水を吸いにくく、繊維が抜けやすくするばあいがあります。
柔軟剤は使い込んで硬くなってから使いましょう。

香りづけは、アロマスプレーがお薦めとのことです。

「洗濯機のコツ」
ドラム式洗濯機を使う場合は、乾燥機能をつかうとふんわり。風合いが敵的に変化します。

乾燥機能がついて居ない場合は、デリケートコースを選びたっぷりの水量であらうと、パイルがつぶれずふんわりします。


② タオルの正しい干しかた

「干すまえによくほぐす」
広げるか、2つ折りにして、強めに10〜20回パンパンと振ります。
振ることで、パイルの通気性がよくなって乾きが早く、乾いたとき洗濯まえに近い風合いとボリュームが出ます。

「日陰で干す」
タオルを干すのは、直射日光を避け日陰で。
太陽光は殺菌力がある反面、パイルがつぶれたまま乾き硬くなるおそれと、色があせることがあります。

さらにふんわり感が欲しいばあいは、タンブル式乾燥機を使いましょう。


③ 正しいタオルの保管方法」
タオルのふんわり感は、パイルの間の空気によって生まれます。
ギュウギュウに積み重ねると、空気がつぶされて台無しに・・・。

できるだけ圧力をかけないように、フワッと丸めるか畳んで、たくさん重ねないようにします。

また、湿気を吸いやすいタオルは、風通しの良いところで保管しましょう。




いかがでしょうか? 私は、なんでもかんでも「日光の下で干せば良い」と思っているところがあって、日当りの良いところで干していました・・・。

タオルは毎日取り替えるけど、洗濯は毎日じゃないので放置もしょっちゅう。

せっかくのタオルが台無しです(笑)

あるお洋服関係の仕事をされているかたは、タオルの洗濯は毎日しないけど、使ったあとはタオルハンガーにかけたまま1度外で干しているそうです。

なるほど!それなら湿気はなくなるし、次に使うときは気持ち良さそうですね。 


今治タオルはフワフワと、なんとも肌触りの良いタオルですが、いま私が使っているタオルは今治タオル以上の気持ち良さです💗

ボリュームたっぷりで、乾くのも早い、神タオル(笑)。
1度使ったらヤメられないものです。

 ▷▷ ゴワゴワタオルじゃ美肌は作れない!肌に優しく触れるフワフワのタオルに出会いました。


黄色いほうが神タオル、正式名称は「エアーかおる」です。

このカゴに、横向きに5枚くらい入れていたのですが、それじゃダメですね・・・。
今日から縦に3枚だけにします。

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ
 カテゴリ