糖質制限がカラダと美容に良いと分かっていても、なかなか続かないんだよね・・・。

そんなあなたに朗報です。 ココナッツオイルを上手く活用すると成功しやすいのです。

しかも、とっても簡単に。 どのように摂りいれるのか、ご説明しますね。




甘いものを食べたくなったときに、スイーツを食べずに、コーヒーに15cc程度のココナッツオイルを入れてのむ

これだけです。

ね?簡単ですよね。 これなら私でも続けれられる^^


なぜこれで糖質制限が楽になるかは、アンチエイジング医療の第一人者白澤卓二医師が説明してくれています。


糖質依存は脳の問題。ココナッツオイルには、脳の食欲中枢を刺激するグルコキナーゼという酵素を抑制する働きがある。空腹時に摂れば炭水化物への欲求は必ず薄れます





コーヒー+ココナッツオイルを飲んでいると、カラダの変化を感じていきます。

もし変化を感じにくい場合は、ココナッツオイルの量を少し増やしてみましょう。


「なにより自分のカラダで試し実感することが大切」と白澤医師。

糖質制限を続けていくことで、食行動が変わり、急激な血糖値の乱降下がなくなり、体調も整い食後の急激な眠気などもなくなるそうです。




実践する前は、コーヒーにココナッツオイルを入れるのって、抵抗がありました。
コーヒーメーカーでずっと保温されて、油の浮いたコーヒーを思い出すんですよ^^;

たまに打ち合わせ先とかで出されますよね(笑)

でも実際にやってみると、まったく気になりません。 ほんのりとココナッツのフレーバーコーヒーです。

カフェインの強さも和らぐようで、とても飲みやすいですよ^^



続きからは、ココナッツ効果を半減させる食べかたです。

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ



まず質問です、あなたはココナッツオイルどのように使ってますか。

こんがり焼いたトーストに、バター代わりに塗ってませんか?




私は「バターの代わりにココナッツオイルって健康にも良いし美味しいよね〜」とお気に入りでした。

ところが・・・、これ白澤教授によるとNGだったのです。

ショックー!



なぜNGかというと、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という脂質でできていて、肝臓でケトン体に分解され、ブドウ体に変わって、脳のエネルギーになるものです。

通常ゆっくりとケトン体になるはずの中鎖脂肪酸が、炭水化物である(糖質を多く含む)パンと一緒に摂ると5分もたたずに血糖値が上昇してしまうのです。

その血糖は、インスリンを分泌して、ケトン体を作る酵素にブロックをかけてしまいます。
つまり、せっかくココナッツオイルをとっても、ケトン体ができなくなるので効果は半減というわけです。


ココナッツオイルを食べるときは、炭水化物と一緒にとるのはヤメましょうね。

ココナッツオイルの過去記事こちらにいろいろ書いてます▷▷ カテゴリ:ココナッツオイル



どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ