「お金持ちになりたければ、お金に対するイメージを変えること」
価値観やイメージを変えないかぎりお金は入ってこない。どの本にも必ず書かれていますしいろんな人がそう言ってます。

あなたもきっと耳にしたことありますよね。

しかし「お金に対するイメージって簡単には変わらない」これ私の実感です。

以前「お財布に自分の年齢分の1万円札を入れる」というお話をしたことがあります。
詳しくはこちら ▷▷ お財布に年齢分のお金を入れることできますか?

実際にやってみたのですが、このミッションを行ったあとでも、意識のほうはそうそう変わっていないのを感じます。

潜在意識はしぶとい!(笑)

やっぱり積み重ねなのかもね〜。そう思っていた矢先に衝撃的な本との出会いがありました。


どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ

人気カウンセラー心屋仁之助さんの著書。

心屋

私にとって初の心屋氏の本は、お金に関する本でした^^


この本がね、とっても面白いのです。

お金に関する常識は、やはりそれまで読んだ本とおなじで
「お金を嫌ったり悪口をいう人の元には絶対にこない」ということですが、

「なぜそうなったのか」に付いての解説と解決方法が、それまで読んだ本とはちょっと違う切り口で、さらに実践的なのです。

その中のひとつに「神社ミッション」があります。

名前を聞いて「神社にいってお参りでもするのかなぁ」とノンキなことを思いましたが(笑)、これは「神社の賽銭箱に1万円を入れる」ことなのでした。


「できない」と思いますよね? 「もったいない」「そんなお金無いよ」って思いますよね?

こう思う私やあなたは、良くいえば「お金を大切にする人」
悪くいえば、「損をしたくないだけの人」でそんな「心のあり方」をぶち壊すためのミッションなのです。

やりかたもちゃんと解説されていたので、ご説明しますね。


「神社ミッションのやりかた」

まず、できるたけ人気がなくてひなびたご利益も無さそうな神社を選ぶ。
どうしても無いときは、立派なところでも可。

神社がイヤなら、お寺や教会でもいい。ただし、見返りが期待できなさそうなところを選ぶ(笑)。

金額は1万円が基本。または自分が生きてきた感謝を表す金額(っていくらだ-?)。


「神社ミッションの目的」

何の意味も無い、見返りもない、無意味なこと、どう考えても損なことにお金をつかってもらうのが目的とされてますが、なぜ?と思いますよね。


実はこれ、お釈迦様の托鉢からヒントを得て心屋さんが考えたもの。

お釈迦さまは弟子たちに托鉢は「裕福」な家じゃなく「貧しい家」をまわるように指示をします。
なぜかというと、貧しいひとたちは自分を貧しく不幸と思っているので、そこからぬけ出すことができなくなっているから。

「お布施」をだすことによって、人のためにお金を使うことの大切さを知り、貧しさからぬけ出すことにつながると考えたのです。

つまり「先に出す」ことで、豊かさが回ってくるということを意味しています。


「あるから出す」のではなく「なくても出す」と決意することで、自分の予想をはるかにこえたところから、お金や豊かさが思いもかけない方法で入って来ることが体験できる。

これが神社ミッションの目的です。


実際に心屋さんの周りには、神社ミッションのあと驚きの体験をしたひとが後を絶たないといいます。



お財布に年齢分のお札を入れるミッションのとき「神社に1万円を入れるとか、破るよりは、年齢分いれて持ち歩くほうがず〜っと簡単だし、これならできる」と実践したわたし。

それでも潜在意識は変わってないし、さしたる変化は無かったのですから、神社ミッションにかなり興味があります。


不思議と、以前のように「もったいない」という気持ちはなくなり、「それより自分の変化を見たい」とそっちに興味津々です。

実践して、なにか変わったらご報告しますね♪


ほかにも、「頑張りすぎがお金を遠ざけている」お話など、面白い内容たっぷりの本ですよ。

私は珍しく2日連続で2回読んだところです。




どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ