あなたは洗剤、自宅にいくつお持ちですか。
洗剤類ってついついいろんなものを試したくなりますよね^^;

私は洗剤類を試すのが好きでこれまでいろいろ買ってきましたが、もし「1個しか使ってはいけない」と言われたら、
ぜったいにこれを選びます💗

とれるNO1です。
とれる

とれるNO.1は、米ぬかと有益微生物で作った、地球も洗うバイオ(=生き物)洗剤です。

界面活性剤が入った洗剤は、界面活性剤が汚れを包み込み、浮き上がらせ、水で流されることによって汚れが落ち、
きれいになります。

汚れは目の前からなくなっただけで、消えたわけではありません。


それに対して「とれるNO1」は米ぬかと微生物のチカラで分解してしまうのです。
つまり目の前から見えなくなくなっただけじゃなく、分解して無くなってしまったってことです。


これまでにも何度かとれるNO1についてお話してきましたが、最近スプレータイプも使い始めて、
「やっぱりとれるNO1は良い!」と思ったので、またご紹介させていただきます〜。

とれるNO1を扱っているサイトはこちらです
 ☟ ☟
とれるNO.1で、地球も一緒に大掃除


どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ
実際に使ってみていいなぁ〜と感じることをいくつかあげてみますね

・泡が立たないので2度拭きしなくていい
・化学物質を使っていないので子供やペットがなめても安心
・においが取れる
・何にでもつかえる
・よごれがしっかりと落ちる


粉末とスプレータイプと2種類あって、違いは水が入っているかどうか。
つけ置き洗いや、こすり洗いには粉末が便利ですけど、スプレータイプはより手軽に使うことができます。

とれるNO1


用途の一例をあげてみますね。

「スプレータイプ」
・冷蔵庫(もし庫内の食品にかかっても大丈夫)
・レンジ・オーブン・コンロといった調理器具(油よごれは少し時間をおくとよい)
・テレビ・オーディオ(雑巾をかたくしぼったものにスプレーして使う)
・手すり、ドアノブ
・排水溝
・トイレの床、壁
・壁紙(強くこするとやぶれるので注意)
・ペット(カラダを拭く、食器やおもちゃにスプレーして洗う)

「粉末タイプ」
・ふきんのつけ置き(1〜数時間漬けておくとスッキリ)
・魚焼きグリル(あたたかいうちに、30分程度つけ置く)
・食器(泡立ちが少なく手荒れしやすい人にもおすすめ)
・シャツの襟やそで口の部分洗い(洗濯まえに指でなじませると汚れがおちやすくなる)

※ ガンコな汚れには粉末タイプのほうがパワーがあります。


「とれるNO1が苦手なよごれもある」
カビ・水あか・尿石
この3つは苦手と説明書に書かれています。

ですが、私が愛用しているラバーゼの水切りトレイの水あかは取れますよ。
金属部分の水あか、例えば水道栓とかはとくにピカピカになります。


粉末タイプを水に漬けて、スプレータイプを作ることもできます。 以前私もそうしていたのですが、
スプレータイプを1度使ったら、そんなメンドウなことはできなくなりました(笑)。

スプレーだと手軽につかえるので、毎日何回もシュッシュとやっています。

好みもあると思いますが、私はスプレータイプは粉末以上に好きですね〜。




つめ替え容器は、エッセイストの平松洋子さんが雑誌クロワッサンでご紹介されていたものをポチッ。
スプレーボトル
​ダイヤスプレー スウィング 500ml アイボリー 705-03 フルプラ

逆さまにしてもシュッとできる、ストレスフリーのスプレーボトルです。
ただし最初に何回か「空打ち」をしないと出てきませんが、とっても使いやすいスプレーボトルですよ。

さすが平松洋子さんのセレクト、と思いました。

使いやすいスプレーボトルがない!とお悩みのあなたにおすすめしたいです。


粉末とスプレータイプのお試しセットで使い比べるのもいいかも^^
☟ ☟



とれるNO.1で、地球も一緒に大掃除


おどろきのフンワリタオルも使ってます ▷▷ ゴワゴワタオルじゃ美肌は作れない!肌に優しく触れるフワフワのタオルに出会いました。

どちらかクリックいただけるととっても嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

女子力アップ ブログランキングへ