昨日テレビに「食べものだけで余命三か月のガンが消えた」の著者、
高遠智子さんが出ると知って、録画をして見ました。

著書の帯写真でしか知らなかった高遠さん。
実際に映像で見ると、肌はツヤツヤで目はキラキラと輝いています。
とてもかつてガンで、余命三か月と宣告されていたとは思えません。

ガンが肺に転移してもうダメだと思ったときに、フランスに行き、
大嫌いなトマトを食べたのをきっかけに、
自分の生命力を信じることになった女性です。

ポチッとしてくださると今日一日幸せです。

人気ブログランキングへ

現在高遠さんの朝は、一度湧かした白湯を60°まで下げたものを15分かけて2杯飲みます。
白湯を飲んでいて、苦みを感じるときは、
スケジュールを見直して、すこし無理をしないようにするそうです。

高遠さんの本を読んでいると、
こうしなくちゃいけない。
これを食べちゃいけない。
これはダメ。

といった言葉がまったくと言って良いほど出てきません。
食材もそうですし、和洋中エスニックにハーブを駆使した、バラエティに富んだものです。
アルコールも乳製品もOK。

病を食事で治されたとあったので、あれダメこれダメ的になるのかと思いきや、
まったくそうじゃないのです。

そんな高遠さんが言います。
「自分の身体は畑」
それぞれが持つ土壌があり、
水分・栄養素は自分で入れていく。
「食べることは生きること」


食事法、健康法、美容も自分に合うものは自分にしかわからない。
私も実際に体験しています。
それまでは、多くの人が良いと言っているものは、良いに違いない!
なんて思っていたんですけどね。

そうして栄養不足の脳と身体を作って、不調になっていたんですから、私(笑)。
自分の身体を作るのは、自分自身です。

ポチッとしてくださると今日一日幸せです。

人気ブログランキングへ
 カテゴリ
 タグ
None