背中のニキビ、かゆみ、乾燥などに悩んでいませんか?

ニキビ用ローションやかゆみ止めを塗る前にちょっと待った!

背中ニキビなどの肌トラブルを起こす大きな原因のひとつが、「洗濯洗剤」というのはご存知でしょうか?




洗濯洗剤は、シャンプーやリンス同様、界面活性剤です。

肌トラブルがいつまでも治らない・・・、そんな時は洗濯洗剤を見直して欲しいのですが、
使ってよい洗剤はなんどかお話していますが、市販のものではトップクリアリキッドのみ。

詳しい理由はこちらに書いております
▷▷ 肌トラブルの起きない洗濯洗剤はひとつだけの理由

ただし、この洗剤も使いかたを間違えてしまっては肌トラブルの原因になります。

あなたのお洗濯と洗剤は大丈夫?



クリックいただけると嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ

「洗剤選びに必要な条件」


・柔軟剤
・抗菌剤
・蛍光増白剤

を含まないこと


そして
洗ったときに、洗浄成分が残らないこともとても大切な条件です。

トップクリアリキッドは柔軟剤、抗菌剤、蛍光増白剤を含まず、
すすいだあとに成分が残らない唯一の洗剤というわけです。


だけど、トップクリアリキッドでも洗いかたを間違えると肌荒れの原因になります。


「洗剤は多くても少なくてもダメ」


あなたは洗浄効果をあげようと、洗剤を増やしたり、
肌トラブルを減らそうと、洗剤を減らしていませんか?

これはどちらも意味が無い、どころかむしろ背中ニキビや肌荒れにつながります。

洗濯洗剤は、汚れとともに、目に見えない柔軟剤や抗菌剤などを落とす大切な役割があります。
抗菌剤は肌の常在菌のバランスを崩し、結果ニキビや肌トラブルを起こすものです。

しかし、
「洗剤の量が少ないと」
衣類に付着している柔軟剤や抗菌剤を落としきれません。

「洗剤の量が多いと」
多過ぎる洗剤は、すすいでも洗剤が残ってしまいます。


いずれも、肌トラブルが改善されなくなる原因です。
洗剤の表示を守って洗濯をしましょう。


また、洗剤を使わないほうが肌トラブルが起きないのでは?
と思われることもあるかもしれません。

・洗濯ボール・洗濯リング
・炭


といった代用品を使うひともいますね。

これらの代用品は、洗剤を使わないことで肌は痛みません。
が、洗濯の大切な目的は抗菌剤などの刺激物質を落とすことでもあります。

残念ながら、刺激物質は泥汚れなどと違い、洗剤を使わないと落ちないものです。
汚れも、刺激物質も残留しない洗剤を使うのが美肌への近道です。

非接触生活研究会さんが、第三者機関を使って調べたところ、条件に合う洗剤は
トップクリアリキッドしかなかったそうです。

スーパーやドラッグストアの棚には、あれほどの洗剤が売られているのにです。


日ごろのお洗濯はもちろん。
初めて身に付ける衣類や寝具などは、最初に2回洗うと肌トラブルが起きにくくなりますよ。



ちなみに、洗剤のおしゃれな詰め替え容器ありそうでなかなかみつかりません。

やっと見つけた容器です。
 ↓ ↓ ↓

使いやすさを追求したシンプルな詰め替えボトル。洗濯機まわりをスッキリ美しく。

▷▷ 洗濯洗剤を使いやすくする詰め替え容器のご紹介

クリックいただけると嬉しいです
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ