すこしずつ暖かくなってきて、日差しの強さが気になってきた人も多いのでは?

私は出来るだけ、日焼け止めは塗らないのが良いと思っています。

最初は抵抗がありましたが、いざヤメてみても思いっきり日に焼けたり、果てはシミになることもありませんでした。

それより日焼け止めで引き起こされる肌トラブルの方がちょっとこわいかも・・・。
⇒⇒ 日焼け止めのリスク、シミを作る原因かもノンケミカルならOK?

肌を傷めずに日除けをするには、日傘や帽子でガードしましょう。

本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓


アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

日傘も傘も、遮光されていないと日除け効果は期待できません。


私は日傘は遮光率100%のものを使っています。
⇒⇒ 日傘選びのチェックポイント4つ  お気に入り日傘


99、9とか、99%でも良いんじゃね? と思いがちですが、この少しの差が実際の日差しでは大きな違いです。


「手持ちの日傘が遮光かどうか」
傘の上から、懐中電灯やライトを充ててみてください。
それで内側に光が漏れてこなければOKです。

完全遮光の傘だと、内側に光は全く漏れてきません。
しかし遮光されていないと、傘をしていてもサンサンと陽の光が・・・。

怖いですよね。  これが99%とか99,9%の遮光をうたっている商品でも、光が漏れていることがあるというのです。
注意しましょう!


日傘は身体まで太陽から遮ることができますが、両手に荷物を抱えているときや、
面倒な時(私はこっちがメイン)は傘がさせませんよね。

そんなときは帽子でブロックしましょう。

帽子も「遮光率100%」のものが販売されています。

しかも最近はデザインがおしゃれなものがあるのです。

これはかなり嬉しいです♪
遮光性の高い帽子は、ちょっと被るのに抵抗がある、そんな人にもおススメです。

中折れタイプ

【送料無料】芦屋発!本気でシミを作らない100%遮光素材 UV帽子はこれだけ!UVカット帽子 UVケ...

つばの広いタイプ

早期完売人気シリーズ!【送料無料】芦屋発!本気でシミを作らない100%遮光素材 撥水加工 生地...

クルクルまとめてバッグに入れておけるタイプ

早期完売人気シリーズ!【送料無料】芦屋発!本気でシミを作らない100%遮光素材 撥水加工 生地...

ほかにありそうで無い、エレガントなタイプ

★待望の春秋冬用登場★【送料無料】芦屋発!本気でシミを作らない100%遮光

正直わたしこちらのショップ見て、ビックリしました。

こんなに完全遮光帽子が進化していたのね〜と。 

帽子のデザインも豊富ですが、傘の種類もたっぷりとあります。
エレガンスキュート系から、私が持てるシンプルなものまで。

日除けと考えるとつばが広い方が安心ですが、つばが広い帽子は少しの風が吹くとパァ〜ッと吹き飛ばされてしまう場合もあります。

いずれも完全遮光ですから、安心です。

夏は日傘とサングラスをメインに日差しからブロックをしているのですが、
今年はそこに帽子をプラスしてみようかなぁと考えています。

本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓


アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ