ミランダカー
出典:http://www.harpersbazaar.com.au/

少し前から、おしゃれにコンフォートサンダルを履くセレブの姿が紹介されています。

ビルケンシュトック2
出典:http://misswalker.blogspot.fr/2013/08/blame-celine-birkenstock.html

ビルケンシュトック
出典:http://misswalker.blogspot.fr/2013/08/blame-celine-birkenstock.html

もはやコンフォートサンダルはご近所用じゃありません。
こんなにおしゃれに履けるアイテムだったのですね。

いずれも、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のものです。

本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓


アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

今年はハイブランドでも、コンフォート系デザインのサンダルがたくさん発売されていますが、
コンフォートといえばなんといってもBIRKENSTOCKですよね。

ビルケンの特徴といえば、なんと言ってもその独特なソールです。

このソールはフットベットと言い、
足に自然とぴったり合い、健康な足を作るデザインで、
足をリラックスさせ自然な形を形成するように考えられています。

また体の重みと歩行時に何度もおり曲がることにより、柔らかさが増し足にフィットしていきます。

そのため、最初から履きやすいという人とそうじゃない人に分かれるようです。


実は私、ずっとビルケンシュトックが足に合いませんでした。


初めて履いたビルケンは10年ほど前に買った、BOSTON/ボストンです

ボストン
※ 画像お借りしています

これが、痛くていたくて・・・(泣)

痛い箇所は、土踏まずです。
少しずつ慣れていくとのことでしたが、その前に断念。



そして飽きらめることが出来ず、数年後。

チューリッヒ
※ こちらも画像お借りしています
ZURICH/チューリッヒ

私が買ったものは、市松柄というかルイヴィトンのダミエに似たちょっと個性的なもので、一目惚れをして買いました。

ボストンは、甲の部分が固く馴染まないのが痛さの原因でもあったように感じたので、今度は大丈夫だろうと。

ところが、チューリッヒも土踏まずが痛いのには変わりなく。

ショックーーー。


しかし私もしつこいのです(笑)。


去年からこちらを履いています。

私のビルケン
RIO/リオ

これは何故か痛くないのです!

足首にストラップが付いているので、ここでホールドされるからでしょうか?
驚くほど楽で、足に慣れるまでにほとんど時間がかかりませんでした。

ちなみに、ボストンもチューリッヒも同じサイズでした。

それなのに履き心地はデザインで全く違うんですね。



足の奇麗なモデルさんが履くとこんなに素敵
 ↓ ↓ ↓

BIRKENSTOCK RIO

ストラップ付きなら、こちらも素敵
 ↓ ↓ ↓

ビルケンシュトック BALI


憧れのビルケンシュトックを履けるようになるまで、10年かかりました(笑)

このストラップが面倒かと思ったのですが、留めたままでも履けます。
ズボラ〜(笑)



本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓


アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
 カテゴリ