「日焼けをして色が黒くなるのがいや」
そのために塗る日焼け止め。

だけど、その日焼け止めがシミの原因になるとしたら・・・。

あなたは「少しの日焼け」と「シミ」どちらを取りますか?



本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


アンチエイジング ブログランキングへ


日焼けもシミもイヤですよね〜。

でも少しの日焼けでは実はシミにはなりませんし、焼けた肌はすぐに元通りの肌にもどります。

だけど厄介なのはシミ。

1度シミになるとちょっとやそっとじゃ消えないのは、みなさんご存知ですよね。

私は頬に大きなシミがあり、美白コスメはもちろん皮膚科のレーザー治療を2回も受けましたが、シミのほうが強くてガンコで、ず〜っと頬に居座り続けていたのです(笑)。

非接触生活をはじめてから、大きなシミはきれいに消えましたが、シミが頬の目立つところにあると毎日がブルーな気分でした。



【日焼けでシミができる理由】


肌を傷めている状態で紫外線を浴びるとシミになりやすい。

つまり日焼け止めを含めた化粧品で肌を傷めて紫外線を浴びると、炎症が起きてシミができます


【日焼け止めも、紫外線も避ける】

日傘、長袖の洋服、帽子などで紫外線を防ぎましょう

また日差しがピークの時間帯をさけて外出をするようにするのもいいですね。


ノンケミカルの日焼け止めはどうか?

紫外線をブロックする成分
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤
の2つがあります。


ノンケミカルの日焼け止め原料には、
紫外線散乱剤が使われています。

紫外線吸収剤より紫外線散乱剤のほうが肌への害が少ないと考えられているため、
「ノンケミカルは安全」と思われているようですが、

ノンケミカル日焼け止めには、
ほかに
界面活性剤
シリコーン
パラベン
香料など肌を傷める成分が入っています。


つまりノンケミカル日焼け止めは普通の日焼け止めより、
ほんの少しマシというだけ。
肌を傷めることには変わりがありません。



日焼け止めをやめるのはちょっと勇気がいると思います。
私も「やめたらもっとシミができるんじゃ・・・」と怯えました^^;

でも、全く平気でした。
いざやめちゃうと、日焼け止め何を使ったらいいのか迷うことも無くなります。

日傘があれば大丈夫ですよ! 

私の日傘はサンバリアです ⇒⇒ 日傘選びのチェックポイント4つ  お気に入り日傘


本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


アンチエイジング ブログランキングへ