湯シャンに慣れるまでの間は、なかなか上手くいかないものです。
私はちょうどその頃、肩くらいまでの長さがあったので、結わくことでごまかしてきました。

石鹸シャンプーとクエン酸だと、髪はしっとりサラサラしていたのが、
小麦粉から湯シャンに変えると、髪がキシキシになりました。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村


【なぜキシキシやパサつきが起こるのか】
実はパサつきや、キシキシ感は、シャンプーやトリートメントが原因と知って、
驚いたことがあります。
シャンプー類が、髪の成分であるたんぱく質を変性させているのです。


変性し痛めた髪を、トリートメントなどで表面をコーティングしているので、痛みが目立たないだけなのです。

湯シャンにすると、表面をコーティングするものが無くなるので、一時的にキシキシします。
ここを耐えると、
すこしずつ髪が回復してキシキシやパサつきがなくなります。
とは言え、一度痛んだものは切らない限り、元通りにはならないのですけどね。

でも・・・、その間がつらいですよね。

【パサつきキシキシの対策法】
・オイルをつかう
どうしても耐えられない時に限り、ピュアな素材のオイル、アルガンオイルなどを使いましょう。
これをごく少量。
手のひらによ〜く馴染ませて(ここ肝心です)、表面に付けるというより、
内側から混ぜ込むようにして付けるのがポイントです。

手のひらで馴染ませて温めてからじゃないと、ベタついてしまうのです。

・ ブラッシング
湯シャンの成功の秘訣はブラッシングにあり。
べたつく髪にも有効ですが、パサつきがちな髪にもとてもオススメです。

血行が良くなりますからね〜。
一定方向だけじゃなく、下を向いたり、斜め横からなど、丁寧に。
しっかりブラッシングをしていると、薄毛防止にもなるし、シワやたるみにも良いと聞きますが、何より頭皮がマッサージされて気持ち良いのです。

髪の血行には、獣毛のブラシが良いですよ。
ツヤの出かたが、全然違います。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None