はっか油を愛用していますが、先日この本に出会って自分の使いかたは全く甘かったと知りました(笑)。




著者は手作り石鹸の先駆け的存在の「前田京子さん」 

はっか油を無限大に楽しんでいる前田さんは実に愛用歴が20年近くになるそうです。

簡単に試してみたくなる利用法がたくさん紹介されていました。


本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ


マウスウォッシュ
グラス一杯のお水(冷たすぎるとはっか油が分離する)に、はっか油を一滴よくよく混ぜて、口の中に含みじっくり行きわたらせる。

前田さんは口内に行きわたらせたら、2口程度飲むと言ってます。
つまりレストランの席で出来る、オーラルケアというわけです。
私の使っている純滴は食用にも使えるので、そのまま飲んでもOK。

ルームフレグランス
岩塩大さじ2〜3に、はっか油3、4滴でルームフレグランス。
(匂いが消えたら、どんどんはっかを足す)
玄関に置くなら蓋付き容器にすると、来客が来るときに蓋を開けると匂いがふわ〜っと漂います。

はっかのスチームバス
ひきかけの喉のむずむず、ひりひり、鼻づまりに悪化を食い止めるトリートメントです。

厚手のカップに熱々のお湯を入れ、はっか油を3滴。
ゆっくり息を吐いてから、口を開けてカップの蒸気を吸い込む。

これだけで、喉はもとより鼻も目もスッキリして気持ちが良くなります。

ただし、思いっきり吸い込むとむせることもあるようなので、少しずつゆっくりと。

さらに・・・
咳も出るようなときは、そこにはっか油3滴に加えユーカリの精油を3滴
肺まで吸い込むようにします。

ユーカリをプラスしたものは、排ガスのチリやカビ、ダニやハウスダストから粘膜を保護する力があり、花粉症の症状もやわらげます。

吸い込まなくても、マグカップにはっか油を足らしたものを机の上や、ベッドサイドに置いておくだけでも効果あり。


はっかの香りつきマスク
マスクに匂いが気になるとき(ちょっと薬品っぽい匂いがしますよね)、花粉をブロックしたいとき、はっかのマスクを作ってみましょう。

はっか油をしみこませたコットンと、マスクをジッパー付きポーチに入れておくこと1時間。
これで完成。 まとめてたくさん作っておいても良いですよね。

日中はもちろん、寝る時にこのはっかマスクをして寝ると、抗菌効果と保温効果、さらにほんのり漂うはっかのリラックス効果で、ゆっくりと眠ることができます。


はっか油
Nicoライフ
こちら私の愛用する「純滴」  前田さんは、薬局で売っている「はっか油」を使われています。

⇒⇒ もてオイルと言われた人気オイルの再販 おトイレに入るときの必需品オイル


私はこの本を読んで、ためしてみたがりの性格がうずうず。
何から始めようかなぁ〜と考え中です。 まずは岩塩でルームフレグランスかな。

本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ
 タグ
None