風邪やインフルエンザが流行するこの季節。

ショッピングセンター入り口にある、アルコール消毒液を利用する人がいつもより多いのを感じます。


アルコール消毒液って使うべき? それとも石けんで十分?


今日の新着情報は?
 ☟ ☟ ☟


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


非接触生活研究会さんによると、

手についた菌も、ウィルスも流水で十分落ちる!


手についた菌やウィルスは「通過菌」

一時的に付着しているだけで、粘膜の上でしか増殖しません。
つまり、石けんで洗わなくても菌が繁殖したり、感染症にかかる心配は無いというわけです。


ちなみに、東京都立衛生研究所の実験によると、
流水で一分間手を洗った場合と、石けんを使って一分間手を洗った場合の除菌率は、
流水が51,7%、石けん使用が50,3%と、流水のみのほうが除菌率が高いそうです。

「アルコール消毒は必要?」

手洗い後のアルコール消毒は、より清潔になる印象がありますが、
手の常在菌が死滅するため、肌のバリア機能が崩れてしまいガサガサに・・・。

バリア機能が壊れているために、かえって菌に感染するリスクが高まります。


人の免疫細胞は他の人の菌や、自然の中の菌にふれることで成長し免疫力があがります。
反対に清潔すぎる環境で育つと、アレルギー性の疾患の発症率が高まります。

 「何もつけない美肌術」より引用


日常ではまず、抗菌剤や消毒剤は必要無いようです。 

手元にあると安心な一冊⇒⇒「何もつけない」美肌術


今日の新着情報は?
 ☟ ☟ ☟


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None