①冷えとりって最近よく聞くけどなに?
②どんな効果があるの?
③めんどくさそう〜(笑)
こんな風に思ったことありませんか?

私は冷えとりスーパーゆるゆる実践者。
一年を通してほぼ冷えとりはやっていますが、クーラーが強い季節は特にオススメなのです。
なぜおすすめなのか、おせっかいに説明させてくださいね。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村



【まず冷えとりとは?】
心臓から一番遠く、重力のかかる下にあるので、血液が心臓に戻りにくいのが「足」です。
そのため、上半身が35°〜6°の人でも足もとは31°前後、この温度差が冷えってわけです。

つい寒い時など上半身ばかり温めてしまいますが、じっさいに冷えているのは足もとってわけです。

【冷えるとどうなる?】
日常であまり冷えを感じないって人は多いと思います(私もそう)。
でも、これが大きな間違いです。
誰もがこの温度差(冷え)をもっていて、自覚していないだけ。
冷えることによって血管がキュッと収縮されます。
血管が細いと血液が通りにくくて、血の巡りが悪くなるんです。

臓器に栄養を廻らせて、老廃物を回収する働きのある血液の流れがスムーズじゃないと・・・、
栄養が行きわたらない、老廃物がたまる、といった状態になり、
免疫力が低下してしまうのです。

冷えとりは足もとを温めることで、血の巡りをよくする健康法です。
冷えとりをすることで、免疫力自然治癒力がアップするというわけです。

ただでさえ足もとは冷えているというのに、夏場はどこでもクーラーがきいています。
たいていはかなり強くきいていることも多く、足元はさらに冷えてしまうことに・・・。
電車やお店で、足が冷たくなった経験はありませんか?
私はしょっちゅうです(泣)。
夏場に体調を崩す人が多いのは、この冷えが原因かもしれません。

【冷えとりの方法は簡単】
絹、綿、絹、綿と重ねて靴下を履くのが基本。
他にはスパッツも同様です。

なんで絹と綿を重ねるかというと、絹は老廃物をデトックスする効果があります。
そしてデトックスした老廃物を綿がキャッチする、というわけです。
これが化繊だと、蒸れちゃうんです。
それは避けたいですよね(笑)。
というわけで、絹と綿を交互に履くのです。

でも・・・、私はズボラ(笑)。
とっても良いものがあるのです。
それは、内側がシルクで外側が綿の靴下!

これだと一足で二足履いたのと同じことになります。
ね、良いものでしょう〜。
同じく、冷えとりをゆるくやっている友人達にもじゃんじゃん薦めてます。

自分がやりやすい方法で冷えとり。
これでも、やるとやらないでは大きな違いがありますよ。
何より気持ちが良いのです。
ずっと素足が気持ちいいと思っていた私が、もう4年冷えとりを(ゆるく)実践してます。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None