寒い寒いと言いながら、まだ私は床暖と電気ひざ掛けだけですごせています。

私はなかぎしの電気ひざ掛けを愛用していますが、無印良品からも電気ひざ掛けが出ているんですねー!!

昨日知りました! 無印は週に1〜2回は行っているのに、全く目に入ってなかったのです。

無印とナカギシ、違いは? 買うならどっち? ちょっと調べてみました。

無印

無印良品のひざ掛け 画像お借りしています


私のナカギシはパープル。 一枚より重ねると温かいです。 豹柄好きですw

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

無印良品とナカギシのひざ掛けの違い



「サイズは?」


無印良品・130×80㎝
ナカギシ・140×82㎝


「温かさは?(表面温度) そして電気代は?(1時間あたり)」


無印良品 強—40℃ 中—34℃ 弱—25℃
         1.3円   0.6円    0,1円

ナカギシ  強—52℃ 中—36℃ 弱—20℃
       0.68円      0.4円   0.07円

 

「気になるお値段は?」

 
無印良品 税込み4900円
ナカギシ  オープン価格ですが、3080〜3600円くらいのお値段が多いですね。

消費電力はどちらも55W、コードの長さも同じ1.9mです。
コードはちょっと短いので、延長コードがあるととても便利に使えますよ。


「どっちがお買い得か」
サイズはナカギシの方が10㎝も大きいのですが、これフリンジを入れてのサイズです。
無印はフリンジが無いデザインですから、さほどサイズに違いは無いんじゃないかと思います。

フリンジは温かくないですしね(笑)。

より温かさを求めるなら、ナカギシですね。 表面温度が12度も違います。

 また無印のひざ掛けは「強・中・弱」の三段階しかありませんが、ナカギシはスライダー式の温度調節。
 自分の好きな温度に設定できます。

・ 素材感は圧倒的に無印のほうがいいなぁと思います。
  ナカギシのものはゴワゴワとした素材で、毛玉もハンパ無い(笑)。
  さらに無印のものには、スナップが付いているので、肩から羽織って使うときにずり落ちてこないのです。
  
・ 電気代はナカギシの方が安いですね。 温度が12度高くても電気代は約半額です。
  ダニ取り機能がついているのもナカギシです(高温にするだけですが)。

もともとのお値段もナカギシの方が安いし、電気代も安いので、エコという側面ならナカギシだと感じます。
フワッとした素材感や、シンプルなものが好きなかたなら、無印良品かなぁ〜と思いました。

あ! 無印もナカギシも自宅で洗うことができます。
これはとても便利ですよ〜。

⇒⇒ 売り切れ続出☆ナカギシ電気ひざ掛けをおすすめする理由

⇒⇒★即納★【在庫あり】なかぎし 電気ひざ掛け

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 タグ
None