今朝めざましテレビで、口の周りの筋肉を鍛えることで口呼吸を鼻呼吸にする「あいうべ体操」というのが紹介されていました。

考案者は医師で、あいうべ体操を取りいれている学校では、3年前から学級閉鎖がゼロになったといいます!
これはすごいですよね。

なぜ「鼻呼吸」がインフルエンザ予防になるのか。

めざましテレビによると、

口呼吸・・・冷たい乾いた空気が肺に入る
鼻呼吸・・・鼻毛と鼻水が異物をろ過し、扁桃リンパ組織がさらにウィルスなど異物を防御する



【あいうべ体操のやりかた】

① 「あ」 あーと口を大きく開ける(普段よりアゴを開く感じ)
② 「い」いーと口を横に大きくひろげる(首に筋が張るくらいまで口角を真横に開く)
③ 「う」うーと口を強く前に突き出す(タコのようにグッと口を突き出す)
④ 「べ」べーと舌を突き出して舌に伸ばす(舌を思いきり下に突き出す)


【インフルエンザ予防効果をあげるには】

・「あいうべ」と声に出しながらテンポ良く1セット4〜5秒で、1日30回を目安にやる。
・湯船に浸かっているときにやると、喉がさらに潤って効果的。



クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None