昨日は美容室のハシゴをしました。
一軒目は、カット。

カットが終わったら今度は、違う美容室に行ってヘナで毛染め。

アラフィフともなると、美容室に時間がかかります(笑)。

私の行っているヘナの美容室は、ヘナ専門でヘナを塗布して10分程度温めそのまま帰宅して時間を置いてから自分で洗い流すのですが、美容師さんが丁寧に塗ってくれるので、自分で染めたのと違いムラが無くきれいに染まります。

30代まではおしゃれ染めで、好きな色に染めるのを楽しんでいたけど、白髪染めは面倒ですよね・・・。

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
「ヘナは肌にも安心か?」
ところでヘナというと、髪にも肌にも良いものと安心しきっていませんか?
(私はそう信じ込んでいましたw)

ヘナ美容室で、壁にヘナについて説明が書かれていました。
それを読むと、

毛髪のキューティクルを形成するたんぱく質を変性させ、緻密なバリアを形成し、同時に引き締める。


とあります。

つまり、ヘナはたんぱく質を変性させるもの
たんぱく質変性は肌トラブルの原因です。つまり肌の弱いひとにはトラブルが起きやすいというわけです。

ヘナで染めたあとはしっかりと洗い流して(私は小麦粉シャンプーで数日洗います)、洗った後の手で顔をぺたぺた触らないことが大切かもしれません。


「ヘナは身体を冷やす」
さらにヘナは身体を冷やす作用があるようです。

これはヘナが作られるのは、インドなど暖かい国だから。
マクロビオティックで、暖かい地方で作られた食べ物が身体を冷やすと言われているのと同じですね。

そのため、ヘナ専門のサロンでは足浴をしながらカラーリングをするところも増えています。

足浴しながらのヘナって、ちょっと優雅な感じがしますよね。
身体を冷やす作用があるので、生理中は避けたほうがいいとも聞きます。

また身体を温めるとより、ヘナのカラーが入りやすくもなります。

ヘナは塗ってから最低でも1時間半は置くと色がしっかりと入ると言われてますが、最後の数十分は入浴をして身体を温めるか、ドライヤーで熱を加えるのも効果的。

さらにこれからの季節なら、ジンジャー系の飲みものを飲むと、発汗作用もあっておススメです。

ヘナの欠点と言えば、頭がお茶っ葉臭くなることと、染めてすぐの時は地肌も染まっているので、いかにも「染めました!」になることですよね。

不思議なことにいつも同じ色で染め、置く時間もほとんど同じなのに、しっかりと地肌に色が染まる時と、あまり気にならなときがあります。

あとから考えると、しっかり地肌が染まっていたのは、暑い時期。 やはり暖かいと染まりが良いんだなぁ〜と思いました。

使い続けているうちに、抜け毛や薄毛が減るとも言われているヘナ。
私はヘナをして数日経ったあとの、さらツヤの髪が大好きです。

抜け毛もヘナをしたあとは、しばらく減るような気もします。


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None