「いびきかいてたよ」「いびきうるさいんだけど」
こんな風に言われたり、言ったりしたことってありませんか?
私はずっと言う側でした(ちなみに私は歯ぎしりしますー)。

夫のいびきがひどかったのです・・・。
しかもそれは年々パワーアップ。 
日に何度も夫のいびきで目を覚まし、小突いてみたり、体の向きを(夫の)変えてみたりしましたが、それはあくまで応急処置。

いびきを巡ってケンカになることもしょちゅうでした。

先日から夫が飲み始めた「えぞ式すーすー茶」
鼻水が止まるという効果を期待して買ったものですが、飲み始めて以来夫はまったくいびきをかかなくなったのです。

あまりに衝撃的だったので、また書いてしまいます(笑)。

一日だけ夕方にお茶を飲まなかった日は、いびきをかきました。
そのとき「こんなにうるさかったのか」「私ってストレスだらけだったんだわ」と気づきました(笑)。

長年いびきとともに過ごしていたので、慣れていたのですね。

⇒⇒ えぞ式すーすー茶で慢性鼻炎は治るのか?夫の感想におどろく



クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

そして夫がいびきをかかないと、私のねむりがとても深くなっているのです。

夜ねむりについてから、朝まで熟睡していますか?
私は夫がお茶を飲み始めてからは、朝までぐっすりです(おトイレには起きますが)。
それまでは何度もなんども目を覚ましていてそれが当たり前だと思っていたのですが、ぐっすり眠れるのって幸せですねぇ〜。


ところでイビキってなぜ起こるか知ってますか?

私はこの効果に驚いて調べ、知ったばかりです(笑)。
その知ったばかりの知識によると、

「イビキの原因」


「口呼吸をしている」
これが原因です。 本来は鼻呼吸が正しいのです。
口呼吸によって空気を吸おうとしても、舌根が気道を塞いでいて、なおかつ空気を吸おうとすると、空気の渋滞状態。

「口呼吸になるのはなぜ?」
老化で舌の筋肉が衰えている
アルコールを飲み過ぎて、筋肉が一時的に弛緩している。
疲労によって筋肉が弛緩している

などが考えられますが、鼻の奥底にある鼻づまり、と言われるとわかりやすいですよね。


「イビキを放置していると・・・」
イビキはうるさいだけじゃなく、呼吸が滞ることによって、体の中が酸素不足になります。

酸素不足が続くと、日常でも頭がぼーっとしたり眠気に襲われる、朝スッキリ起きれないなどの症状がおき、
さらに将来、糖尿病や高血圧といった生活習慣病に、心不全・不整脈といった心臓に関わる病気、脳卒中・認知症など脳に関わる病気の発症率が、グンと上がってしまうそうです。

たかがイビキと思っていたのですが、イビキをかいているのは普通じゃないのですよね。

「イビキは治したほうが良い!」 これ私の実感です。
ケンカは無くなり、熟睡できて、お互いに良いことばかりですよ。

⇒⇒ えぞ式すーすー茶で慢性鼻炎は治るのか?夫の感想におどろく


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None