いよいよ空気が乾燥してきて、マスクをしている人がふえてきましたね。
時間帯によっては、電車内の1割くらいはマスクしていることもあります。

風邪の予防になるし、すっぴん隠しに利用するひとも多いようですが、
フリーアナウンサーの髙橋真麻さんは、「マスクをしていると美人に見えるから」毎日していると言ってました。

たしかにマスクをしている女性は、目もとが強調されて美人度があがっていますよね♪

しかしこのマスク、実は肌トラブルの原因になることも多いため注意が必要です。






クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村


冬になると、口の周りや頬が乾燥すると、困っているあなた。
もしかするとマスクを愛用していませんか?

マスクには一次性刺激物質が使われている

一次性刺激物質とは?
接触性皮膚炎の原因物質。 タンパク質を変性させて肌の炎症や湿疹をまねく。
化粧品などに含まれる界面活性剤や抗菌剤、柔軟剤は、とくにタンパク変性作用が強い。



とは言っても、風邪をひいたときや予防、お仕事によってもマスクが必要な場合もあると思います。

ではどうしたら良いのでしょうか?

①「手洗いできるタイプのマスクを選ぶ」
こちらもそのまま使うのではなく、トップクリアリキッドで2回洗う。

② 「使い捨てマスクは内側にガーゼを仕込む」
便利な使い捨てマスクですが、抗菌成分が使われています。
抗菌成分は肌の常在菌のバランスをくずし、肌荒れを引き起こしてしまいます。

できるだけ直接肌に触れないように、ガーゼをマスクの内側に仕込んでおきます。
これでかなり、肌荒れは回避できるようですよ。

さらに非接触生活研究会さんによると、ティッシュペーパーにも注意が必要とのこと。
ティッシュを作る過程で使われる化学薬品の影響は大きく、とくに再生紙を使ったものは、肌トラブルが起こりやすいようです。

ティッシュで鼻をかむのをやめただけて、鼻の周りの毛穴が小さくなったというひとも多いと聞きます。

じゃあ何使うの?とおもいますよね。
何度かご紹介している、エリエールの無漂白ペーパータオルを使います。

ロハコさんでも扱ってます
↓ ↓ ↓
「エリエールタオルスマート無漂白」


そのままじゃ固いので、さっと水で濡らして、柔らかくなったところを使います。

実は私は、これはまだ試したことが無いのです。
なんか固そうで、痛そうで(笑)。

一緒に非接触を実践している友人はとても素直なので、聞いてからすぐにティッシュは使わなくりました。
こういうところが私との違いなんですよね〜。
言われたことを素直に全部実践するから、友人の肌はとてもキレイに。

非接触さんに行くと、「Mさん(友人)はほんとうにキレイになられましたよね」と言われることもしばしばです。
私じゃなくてね(笑)。

この姿勢見習わなくちゃと、そのときはいつも思う私です。
ちなみに私マスクは、息が苦しい感じがして風邪をひいて病院に行くときくらいしか使いません。

最後に使ったのは5年以上前? 健康にはちょっと自信があります(笑)。



クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None