今朝めざましテレビで、暖かい毛布の使いかたについて質問がありました。

「暖かい毛布の使いかたはどれ?」
① 体の上に毛布をかけその上に羽毛布団
② 体の上に羽毛布団をかけ、その上に毛布
③ 体の上に羽毛布団をかけ、毛布は体の下(敷き毛布状態)

「1」 を選びませんでしたか?
スタジオでは全員が1。私も1を選びました。

ところが正解は、「3」だったのです。





クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

暖かさの理由は、羽毛の性質によるものです。

「羽毛の性質」
体温を感知して膨らむことで、保温性を高める
 
羽毛布団の前に毛布がある・・・羽毛布団の保温効果が遮断されてしまいます。

毛布を体の下に敷くと・・・寝ている間に体から放出される熱を受け止めて、保温効果をアップすることができます。

さらにうんと寒いときは・・・敷き毛布の上に寝、体の上に羽毛布団、さらにその上に毛布をかけるのがベスト。
上方向の放熱も防ぐことができるので、ホカホカのまま眠ることができるようです。


ただし掛け布団は、あくまでも「羽毛布団」です。綿布団はまた効果が変わってくる場合があるようです。

よく掛け布団カバーの上に、スローケットをかけているのをインテリア雑誌などで見ますが、これはおしゃれなだけじゃなく、保温効果もあったのですね。
私はてっきり、ただのおしゃれ感覚からやっているのかと思っていました(笑)。

おしゃれなスローを足元にフワッとかけておくなんて、いいですねぇ〜。
寒い日はこれをやってみたいなぁ。


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None