アドラー心理学って最近耳にしませんか?
書店にいくと本が何種類も、平積みされているのも見かけます。



どんな心理学かというと、
「原因」より「目的」

人はつい自分がダメな理由にばかり目を向けてしまいますが、
より良くなる目的を考えて実行していくのがアドラー心理学です。

アドラー心理学を応用した、とても簡単なセルフコーチングの方法が新聞に載っていたのでご紹介しますね。 

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

「セルフコーチング」というと、ちょっとこ難しそうですが、わずか1分を目安に作られた方法です。

① 寝る直前、ゆったりリラックスをする
場所はどこでも良いですが、ベッドの中が一番リラックスできるかもしれませんね。


② 約50秒「本当はどうしたいのか?」と自分に問いかける。
このときすぐに答えが出てこないかもしれませんが、自分の出した答えを否定しないで、思いや感情をそのまま受け止めることがポイントです。



行動する準備を10秒間でする
10秒でできる準備とは、「読もうとおもった本を机に置く」「やりたいことをメモ」など。

翌日の仕事や用事の準備を前夜にしておくと、流れがスムーズになるのは分かっていますが、心も同じ。 
前の日から準備というとハードルが高く感じますが、ほんの10秒と考えると、気分も楽ですよね。



自分が本当はどうしたいのか、を見つめる時間は朝起きたときと寝る前の2回が理想。
ほんの1分で効果があるというので、合計2分です。


頭と行動が伴わない、そんなことってありませんか? 私はしょっちゅう(笑)。
しかし、感情が動くとスムーズに行動に移すことができるとアドラーの教えにあります。

つまり、本当の欲求につながることなら、人はいくらでも実行できる、というわけです。


1分間セルフコーチングは、仕事中や日常でも使えます。
仕事や作業中に煮詰まったとき、買物で迷ったとき、本当は自分はどうしたいのか?を自分に聞いてみるのです。

その場しのぎの判断や行動が減ることにつながります。


もしかすると、なかなか行動に動かないことって、本当は自分が望んでいないことなのかも・・・と思いちょっとドキッ。


さっそく昨夜寝る前と、今朝実践してみました。
寝る前に自分はどうしたいのか?を考えるのも楽しいですし、朝にこれをやると、いつも起きてからダラダラと過ごす時間が即行動に移すことができたのです。

1日の始まりがスムーズだと、全てがうまく行きそうな気がしますね♪


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None