これからの季節の必需品のひとつが、「ハンドクリーム」じゃないでしょうか?

ホホバオイル入り、尿素入り、ヒアルロン酸入り、どれが良いのかな〜と迷いますよね。

私も秋冬は手荒れがひどくて、指先がぱっくりすることもしょっちゅう。
食器洗剤も肌に良さそうなものを選んでも、冬の家事は恐怖でした。

しかし今は、すっかり過去形です。

ハンドクリームもまったく塗りません。
どころか持っていない(笑)。





クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ


手荒れのひどかった私が、なぜハンドクリーム無しでいれるのか?


「手荒れの原因は、空気のかさつき」
こう思いますよね。
ところが非接触生活研究会さんによると、空気がどれだけ乾燥していても肌がカサつくことは無い!
というのです。

え〜?! っと思いますよね。 じゃあ、このカサカサは何?と。
それは「肌のバリア機能が壊れているから」なのです。


肌のバリア機能を取り戻すには


石けんハンドクリーム除菌剤を使わなければ、手肌はかさつかなくなります。

カサつくときはワセリンを使う


肌のバリア機能が回復するまでは、ごく少量のワセリンがおススメです。
ワセリンは人工の皮膚として機能します。

とは言っても、たっぷり塗ったり、ずっと使い続けると、天然の皮脂膜の再生がさまたげられるので、ダメージが激しいときにうんと少量にしましょう。


[ハンドクリームはだめなのか?]


つけるとしっとりつるつるとしますが、クリームの下の肌は確実に傷んでいます。
それはハンドクリームに含まれる成分によるため。

・尿素
 肌に尿素を塗っても尿素と水分がくっつくだけで、タンパク質の変性や、肌を守る角質層を壊す作用のほうがつよい。
・オイル(シアバター・ホホバ油など植物性オイル)
 しっとり感は強いけど、手についた油がベタついているだけともいえる
・界面活性剤
 ほとんどのハンドクリームに廃合されている。
 肌細胞のタンパク質を変性させて、肌バリアを壊す
・シリコーン
 撥水性が高くて、肌や髪の表面にツルツルの膜をつくり、一度ふれると簡単には落ちない。
・防腐剤・香料(パラベンなど)
防腐剤は常在菌のバランスをくずし、香料は肌の弱い人には刺激が強い場合も

どうでしょう?
手の荒れが気になってたっぷり塗っていた、ハンドクリームが逆に肌を傷めていたなんて・・・。
ちょっと怖いですよね。


ワセリンは、ごく普通の(?)、薬局で売っているものを使いましょう。
お値段も安く、たっぷり入ってますよ。

私は、最初のころは時々使ってましたが、いつの間にか全然必要としなくなっていました。
ときどき口に、リップクリームの代わりに塗る程度です。

ほかのリップクリームじゃかならず唇が荒れた私でも、ワセリンは大丈夫でした。
唇の弱いかたに、おススメです♪



美肌作りの教科書⇒⇒ 
「何もつけない」美肌術☆発売 正しいスキンケアがこの一冊にまとめられた本

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ


 
 カテゴリ
 タグ
None