「寝る前に入浴をする」


非接触生活さんで、毎日実践して欲しいと言っているのは一日の終わりの洗髪(湯シャン)。

一日の終わりには髪にたくさんの刺激性物質がついていているからです。

そのまま寝ると、ベッドカバー、枕、シーツに刺激性物質が全部くっ付いてしまいます。
ベッドカバー類は毎日洗い替える人は少ないと思うので、これが肌トラブルの原因になります。

さらに浴槽に浸かると、体が温まり皮脂膜と常在菌が再生されて、うるおいのある肌に近づきます。


続きからは入浴の際に、注意をすることです♪

⇒⇒ 「何もつけない」美肌術☆発売 正しいスキンケアがこの一冊にまとめられた本

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

「体を洗うグッズは使わない」


ボデイブラシ・ボディスポンジ・ナイロンタオルなどで体を洗わない

アカスリがとても流行した時期がありましたが、垢は角質層のごく一部で、不要なものは自然にはがれ落ちます。
残っているものは肌のバリアとしての働きがあるので、無理に剥がすと肌が刺激に弱くなります。

ボディスポンジやブラシは炎症の原因や、色素沈着を起こすこともあります。

体を洗うときは、お湯をかけながら手でやさしく洗う。



「ボディソープ、石けんをやめる」


ボディーソープ・石けん・ピーリング剤などを使わない

体も、ボディソープなどを使い続けることで、肌のタンパク質が変性しカサ付きの原因に。
さらに常在菌のバランスが崩れ、体臭が強くなります。

ニキビが背中にあるから・・・、と体を専用の洗浄剤やローションを使うひともいますが、これもNG。
殺菌剤の影響で炎症が悪化します。

ワキの下も足の裏も、湯洗いで十分と言われていますが、ずっと実践しているうちに、足や靴がまったく臭わなくなったという意見がとても多いようですが、これは常在菌のバランスが整ってきたということです。

わが家も私のスリッパ(ふかふかのものが好き)や、夫の靴下からイヤな匂いがしません♪
ある日気づいたのですが、これってとても嬉しいですよ。



「バスタブにはお湯だけをいれる」


入浴剤・アロマオイル・重曹・粗塩を入れない


いずれも肌に刺激をもたらします。
入浴剤には、保湿剤のほか界面活性剤が含まれていて、これが肌トラブルに。
アロマオイルは、肌に直接触れると刺激になるため、肌が弱い人は避けるべき。
重曹と塩はアルカリ性で、肌への刺激が強いものです。


良い香りのする入浴剤やバスボムを入れてゆっくり入浴をするのが好きで、洗面所にはいつもいろんな種類をストックして、どれを使うか選ぶのを楽しみにしていました。

ヤメるのはちょっと寂しい気もしたのですが、慣れるものですね。
今はまったく使いたいと思わなくなりました。

肌トラブルを起こすものを買う分で、好きな本や雑誌、食べものを買ってます(笑)。


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None