「食器洗剤で手が荒れる」、家事をする女性に多い悩みです。

「ゴム手袋にご用心」

手荒れを防ぐために一般的に多いのは、ゴム手袋をすることですよね。
ところがこのゴム手袋、かえって手が荒れることってありませんか?
私がそうなのですけど(笑)


これは手袋に含まれている、劣化を防止する成分の影響のようです。

劣化防止成分の影響を受けないようにするには、綿の手袋をしてからゴム手袋をするのが良いようです。
このときに、綿の手袋に抗菌と書かれているものは選ばないようにしましょう。

一見抗菌成分は衛生的で良いように感じますが、お肌の常在菌もダメにしてしまうので、肌トラブルの原因になります。


洗剤選びも難しいところですが、市販の食器用洗剤にはすべて抗菌剤が含まれているとのこと。
つまりどの洗剤も、手荒れの原因になりうるということです。

ならば、いっそ洗剤を使わないのもありかもしれません。


クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村


食器洗剤の代替品


・ アクリルたわし 


こちらも抗菌と書かれていないものを選ぶ。
自分で編むときも抗菌と書かれていない毛糸を選びましょう。

・ さらしであらう。

 
さらしで食器を拭くというのは良く聞きますが、食器を洗うときれいになるようですよ。

いずれも油汚れのものは後にあらいます。
その際に、油汚れに小麦粉を吸着させたり、へらなどでこそげ落としておくと汚れ落ちがスムーズになります。

・ 洗剤の代わりにぬかを使う

 
ぬかはふつうのものより、「白ぬか」が良いようです。
白ぬかとは初めて聞いたので調べてみると、私が気に入っているとれるNO1に使用されていました!

白ぬか(酒ぬか)は、人間の皮脂の成分と似ており、保湿成分も含まれています。
酒ぬかというだけあって、酒蔵で扱っているものです。

とれるNO1は、白ぬか、麦ぬか(ふすま)、米ぬかをバランスよく配分した洗剤です。
粉末で使うとしっかりとした油汚れも落ちますし、スプレー状のものはササッと拭き取りに使いやすいですよ。

とれるNO1は、シンクやラバーゼの水切りカゴもピカピカにできる優れものです。

⇒⇒ ラバーゼの水切りカゴ 水切りトレーの水垢と代用品
⇒⇒ 汚れも匂いも取れる最強洗剤「とれるNO.1」を買ってきました


さらに手荒れをふせぐ裏技です。
非接触生活研究会さんのメルマガで知ったのですが、食器洗いをする「前」に、手にうすーくワセリンを塗ります。
このワセリンが、洗剤から肌をコートしてくれるそうです。

後ではなく、先というのがポイントです。

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None