薄毛、ハリの無い髪にトリートメントやオイル、
爪の縦線をバッフィングやネイルでごまかしてはいけません!

これらは、いずれも「ある栄養不足」のサインです。

薄毛と爪の縦線の原因は・・・

「タンパク質不足」


タンパク質には、髪のハリツヤ、弾力、そして、まつ毛を濃くしボリュームアップ、さらに長さを出す効果があります。

若いころはたっぷりと摂っていたタンパク質が、年齢とともに自然に減ってくることが薄毛に繋がるという意見もあります。



さらにタンパク質と一緒に取るべきものが亜鉛です。

亜鉛の働き


亜鉛には、タンパク質を合成し新しい細胞を作る働きがあります。
そのため不足すると脱毛しやすくなります。


亜鉛が不足すると・・・


・髪が細くなってツヤが無くなり、抜け毛が増える。
 毛が細くなることで、髪が薄く見えてくるようです。

・爪にも変化が表れる。
 爪に縦線が増えて、ツヤがなくなる。爪に白い斑点(ラッキーな☆とかいいましたよね?)が出る。
 これらは亜鉛不足です。

・肌に現れる変化
かさつきが目立ち表面が細かく粉を拭いた感じになる。

・風邪をくりかえしひく
粘膜の機能が落ちることから、繰り返し風邪をひくことが多くなる。

亜鉛を多く含む食べもの


亜鉛は、牡蠣、牛赤身肉、ラム肉、豚レバー、するめに含まれていますが。
いずれもちょっと癖のある食べものですよね(私はいずれも好きなものばかりですが♪)、その際にはサプリが効率良く取れておすすめです。

⇒⇒ 全米1位のシェア医師が使うサプリ ダグラスラボラトリーズ
⇒⇒ 安心素材のビタミンサプリで美とメンタルの安定を手に入れるコツ

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

 タグ
None