ちょっと大きめの靴を買ったので、UGGのインソールを敷いたら暖かくて気持ち良いのでは?と思い検索をしてみました。

あれれ?? 昨日私が見たときは安くなっていなかったのに、ほとんどの商品がセールになっている。

しかも40%オフって〜?
昨日ブログに書いた、カスタマイズはどうなっているんだろうとクリックボタンを探すと、ありません。

ここでやっと気づきました。
これ、一時期テレビでよく取り上げられていた偽サイトのようです(笑)。
トップページの女性数名の画像もそっくりで、間違えてしまいますよ。

気をつけましょうね!

偽サイト以外でも、安く手に入れたUGGがコピーだった・・・という話は、一時期よく耳にしました。

実は私の知人も、このコピーのUGGにひっかかっています。
まぁ安いし良いかと思って、買ったところもあるようですが、実際に履くとすぐに内側の毛がペッタンコになり、底がすぐに薄くなってしまったのです。

ワンシーズンで、型くずれもひどく縫い目から毛がたくさん抜けていました。

実際のUGGは、とても丈夫です。

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村


image-137 のコピー

これは私のベイリーボタン(黒)ですが、もう数年履いていますが内側の毛もふんわり、底もまだしっかりとしています。

奥に見えるはemuのムートン(茶)ですが、こちらも5年は履いていると思いますが、底は少し薄くなっているけどまだ大丈夫です。

撥水性がUGGより強いのがemuの特徴ですが、雨降りの日は履くことはありません(笑)。
スッキリしたデザインを取るならUGGのほうがスッキリしていると思います。

と話がそれてしまいました〜(笑)。

公式サイトでは、URLをいれたら正規のオンライン取扱店かどうか確認できます。

試しにさきほどほとんどの商品が40%オフになっていたサイトのURLを入れてみると、

このサイトの登録情報はありません。
偽造品を販売しているとは限りませんが、ご注意ください。


という文章が表示されました。 これは便利ですね。

せっかく買ったUGGが、偽物であっというまにダメになるなんて哀しすぎますよね(泣)。

そうならないように、購入する際には公式サイトで買うか、直営店もしくは正規のオンライン取扱店かをチェックして買うことをおススメします。

UGG(R) Australia アグ オーストラリア公式サイト

公式サイトでは自分好みにカスタマイズしたブーツを作れますよ⇒⇒ UGGがカスタマイズできる新サービスを開始 人とかぶらないブーツを履くチャンス



私の欲しかったUGGのインソール。どこかで見たような気がするのですが、公式サイトにはありませんでした。
見間違いだったのかなぁ。

クリックいただけるととっても嬉しいです♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村

 カテゴリ
 タグ
None