サウンドスタイルさんでは、ファンデーションを塗る際のパフの販売が終了しました。

どれだけ肌への負担を減らしたファンデであっても、パフで付けるとしっかりと付いてしまい、お湯だけでは落ちにくくなるというのがその理由だそうです。

たしかに、パウダリーファンデでも、パフで使うとしっかりと付きますよね。
それは私も実感。 

サウンドスタイルさんではファンデーションはブラシで付けることを推奨しています。
ブラシ買わなくちゃ。 
市販のブラシは、毛に柔軟剤が付いていることが多いので、買ったあと中性洗剤で2回くらい洗ってから使いましょう。

⇒⇒ 肌を痛めないファンデーションと書籍発売の情報

美とおしゃれの情報はこちらで勉強中♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
いつも肌の測定をしてもらうと、たいていおでこの数値があまり良くありません。

帽子かなぁ、前髪かなぁなんて思っていたのですが、帽子もしばらくかぶっていないし、前髪をずっと上げているのに、先日測定をしてもらったら、やっぱりデコだけ数値が悪い・・・。

なんでかなぁと思っていたら、今日洗顔をするときに気づきました。


私は他のメイクをしない日でもさすがに、眉だけは書いているんですね。
アイブロウパウダーで。
そして眉メイクを落とすとき、私は額のほうに向かってこすっていたのです!!

これに気づいて、目からウロコ。
原因に気づくと解決策もわかりますからね♪


さらに私はリキッドアイライナーを使うのが好きなのですが、落とすときに目尻のほうにアイラインを引きずるようにして、擦っていたのです!


いつも右側からアイメイクを落とすのですが、右側はとくに引っ張るようにしてアイラインを落としていました。

これに気づいて分かりました。
私の右目の下にある、シミ。 ちょうどメイクを落とすときにここにアイラインが付着していたのです。

すぐに洗い流しているつもりでも、やはりメイク用品による肌トラブルは多いのかも・・・と思いました。

メイク用品でも、よりトラブルが多くなるのは、リキッド系やクリームタイプと言われていますが、私が使っているアイラインは、リキッドです。
お湯で洗い流せるけど、リキッド。黒々と入るのが好きなもので(笑)。

原因がわかったから、これからはメイクの落とし方に注意をして、また測定に行ってみようと思います。

メイクをしないのが一番だけど、眉がないとどうにも顔が締まりません(笑)


ASVCのちょっとした裏技】
小さなシミなどがあるときに、使える技を教わりました。
夜ASVCをいつも通り使ったら、その後で気になる箇所にピンポイントで塗ります。

このとき、シミなどが見えない程度に塗るのがコツ
通常は3分のところを、ちょっと長めに(5分くらい)時間を置いて洗い流します。
つけ置きですね。

これ、とても効果があるようですよ。

・ ・・と書いていて、今思いだしました!
頬にあった大きなシミがあったとき、非接触生活研究会さんでこのつけ置きを教えてもらって、毎晩実践していたことを。

シミが消えてからは、すっかり忘れていて夜は一回しか使ってなかったのですが、目尻ふきんの小さなシミにも、つけ置きをすれば良いんですよね〜。

と、言いながら、ついつい忘れてしまいます(汗)。
頬のでっかいものと比べて、自分の目に入りにくいからでしょうねぇ・・・。

今日からやります!!

10月10日に非接触生活研究会さんの本が発売されます♪
タイトルは『何もつけない美肌術

きっと目からウロコ間違い無しの内容ですよ

何も付けずに楽チン美肌を目指しませんか。

美とおしゃれの情報はこちらで勉強中♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None