毎日の食事をすべて手作りできたら理想ですが、なかなかそうも行かないことってありますよね。

そんなときに便利なのはコンビニですが、コンビニ食は栄養面などでちょっと心配です。

順天堂大学の小林弘幸教授の本「コンビニに健康を買いに行こう!」にコンビニを上手に利用して健康を手に入れるコツが解説されていました。


小林教授は、自律神経研究の第一人者で、プロスポーツ選手やアーティストの指導もされています。
小林教授の本を参照に、コンビニで食生活をサポートする方法をまとめてみました。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

「朝食をとる余裕がないとき」


まず、自宅でお水だけは飲みましょう
食事を摂らない分、歯磨きや身支度を出来るだけ落ち着いてすることで、焦って上昇しがちな交感神経を抑えましょう。

コンビニに立ち寄れるなら、無糖のヨーグルトがおススメ。


「出社が早いときデスクで食べる朝食をコンビニで選ぶならどれ?」


こんなとき真っ先に手にするのは、おにぎりやパンではないでしょうか?
そこに是非足して欲しいのは、タンパク質です。

おにぎりを2個買うより、1個にしてゆで卵をプラス。
パンを選ぶなら、菓子パンはやめて、ハムや卵、ツナを使ったものを選びましょう。


「ほぼ毎日コンビニを利用。添加物、脂肪、カロリーが心配」


もちろん添加物はできるだけ避けるべきですが、合成着色料と保存料は10年ほど前に使用中止になっているようです。

それ以上に食生活で心配なのは「糖質過剰」と「タンパク質不足」。

タンパク質は毎日補給しなければ健康を維持できないのに、肉は太る、卵はコレステロールが上がるという、不正確な情報を気にしている人が多いのです。

タンパク質を減らすことで、パンや麺類といった炭水化物、またはスイーツやスナック菓子の量が増えてしまうと本末転倒。


糖質過剰になり、肥満をはじめとする体調不良を起こします。

またコレステロールは悪者ではなく、細胞膜やホルモンの材料になる必須成分です。

肉、魚、卵、大豆からタンパク質をしっかりと摂りましょう。


「帰宅がいつも深夜、夜食には何を食べたら良い?」


夜10時過ぎや、寝る前に3時間を切っているときの食事は、糖質の多い主食(ご飯、麺類、パンなど)を取らないようにしましょう。

糖質が消化されず体脂肪に蓄積されてしまいます。

ここでもおすすめはタンパク質
納豆、豆腐、卵、ツナなどが消化のよいものを選びましょう。

野菜を一緒に摂るなら、ごぼう、たけのこ、きのこは消化に時間がかかるのでこの時間帯には避けるのが良いです。
また、油を大量に使った揚げ物類も控えましょう。

もずくやめかぶといった海草類は腸内環境をととのえる効果があります。
消化酵素を含む、大根やかぶの浅漬けをプラスするとさらに効果的ですね。


「野菜不足は野菜ジュースとサラダでOK?」


ビタミン、ミネラルの補給目的なら野菜よりタンパク質食品に含まれているもののほうが多いのです。

ただしビタミンCだけは、生野菜や果物で補給をします。

食物繊維不足を補うつもりでも、市販の野菜ジュースは製造過程で食物繊維のほとんどが除去されています。
玄米、雑穀米、まめ、海藻、果物、全粒粉、ライ麦、ふすまパンがおススメです。

最近コンビニでも、全粒粉やふすまを使ったパンが多く販売されていますね。

さらに小林教授は、フィトケミカルを薦めています。

野菜から積極的に摂りたいのは、フィトケミカルという機能性成分
野菜の色素、香り、アクに含まれ、強力な抗酸化作用をもつ。
皮や種におおく含まれるフィトケミカルを意識的に摂ることがおすすめ。




皮や種まで取り入れるのはなかなか難しいですが、サイビーはフィトケミカルをそのままに美味しく食べることが出来ます

⇒⇒ 置き換えダイエットを成功させる 美味しいスムージーサイビーとは


サイビーで美肌のもとプラセンタも摂ることができますよ ⇒⇒ プラセンタサイビーで美肌とアンチエイジングを目指す法

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 タグ
None