実はなかなか湯シャンが上手くいかない理由のひとつに、他のご家族の方が使っているシャンプーや石けん類の影響があります。

え?自分は使っていないのに?
と思われますよね。 

シャンプー類を使っている人と同じ洗面器を使ったり、浴室内の床はもちろんあちこちにシャンプー類が飛散しています。
これが湯シャンや、肌に影響を与えるんですって!

とは言っても、「私の肌と湯シャンに影響あるから、シャンプーとか使うのやめてくれない?」とは言えませんよね(笑)。


これって断捨離とか、片付けでも同じことが言われていますが、変わるのは自分であって、家族や他人を変えようとしちゃいけないんですよね。

私は今まで、何度もこれで失敗してます(笑)。

マクロにちょこっとハマったときに、夫にも「玄米食べよ、肉をやめよ」と迫り、断捨離にハマったときも「捨てよ」と強制したり・・・。
もちろん猛反発に合い、大失敗でした(笑)。

そんな失敗があるので、湯シャンに関しては夫には何も言いませんでした。

ところが突然夫が、首におそろしく痒い吹き出物が出来て、病院に行っても何か月も治らなくなりました。
そこで突然シャンプー(石けんでしたが)をやめると言い出したのです。
⇒⇒ 湯シャンを始めての変化  夫の首から湿疹が消えました

家族も一緒に湯シャンをすると、効果があがると聞いていたので、ヤッター!!と叫びたくなりましたね〜。

男性はわりと簡単に出来るみたいで、夫もなんの抵抗もなく湯シャン生活に入り、もう数年経ちます。

湯シャンを家族全員でやっている人も、意外と多いようですが、なかなかそうもいかない場合もあると思います。

そんなときは、洗面器は一緒にしない、もしくは使わない、などほんの少しの工夫でも違ってくるようです。
私も夫がシャンプーをしているころから、洗面器は使わなくなりました。


湯シャンを始めると、慣れるまではちょっと大変ですが、コツさえつかめばこっちのものです。
最近では私、湯シャン前のブラッシングもあまりしていないし、湯洗い時間もとても短いです。

でも、どんどん髪にツヤが出てサラサラになっていくのです。

湯シャンを実践しているうちに、髪の癖がなくなってきたという人も多いようですが、私もそうかもしれません。
以前より髪にうねりが出にくくなりました。

すこしずつの変化に、気づいたときがなんとも快感です(笑)。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None