睡眠はデリケートなもので、ちょっと枕が変わったり環境が変わるだけで寝付けなくなることがあります。

(私はホテルや旅館に泊まると、ほぼ毎度不眠です)



快適なベッド内の温度とは?


寝室全体の環境も大切ですが、ベッド(布団)内の温度や湿度も快適な睡眠に深い関係があります。
夏に寝苦しいのは、ベッドが快適な温度じゃないせいもあるようです。

実はベッド(布団)内の気候の適正温度は数値で明らかになっています。
温度は32〜34度、湿度は40〜60%です。


『この適正温度で寝ると、痩せホルモンが活発になるといわれています』

とはいえ、この温度と湿度を毎回計測するわけにもいきませんよね(笑)。

気をつけるのは、エアコンや暖房器具を使う季節。
つまり、夏と冬ですね。 この二つの季節を注意すれば、大丈夫でしょう。

【夏】
エアコンや扇風機からの風が直接あたらないようにする。
タイマー機能を使い、眠りについてから3時間後にはスイッチがオフになるように設定する。

【冬】
部屋が温まっていると快眠に繋がると思いがちですが、温かすぎる部屋もぐっすりと眠ることができません。
眠るまえに部屋をあたため、布団に入ったら暖房類のスイッチはオフにする、これくらいでちょうど良いようです。

あとは、寝具やパジャマなどで調整を取ります。


「おすすめのベッドリネンは?」


やはり綿、麻、絹といった、天然素材のものが理想的です。
しかし天然素材の中でも、シルクを選ぶときは注意が必要です。
以前友人から、シルクの掛け布団カバーと、シーツをプレゼントでいただいたのですが、これがツルツルしたタイプのものだったので、ベッドに入ると体が滑りっぱなしでほとんど眠れなかったのです(笑)。

シルクは、パジャマで取り入れるのがいいと思いました〜。



美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None