ダイエットは食生活だけではなく運動も大切と言われています。
筋肉を動かし基礎代謝力が高まると、脂肪を減らすエネルギーのサイクルが出来てきます。

とは言っても、なかなか運動ってできませんよね・・・。
私は運動が苦手だし、ジムなんてもう面倒で面倒で(笑)。

しかしバランスボールを使ったエクササイズで、インナーマッスルを鍛えることが出来ると、白澤卓二教授の本で知りました。
しかも、このエクササイズ、加齢とともに衰える骨盤底筋の強化にもなるそうです。


骨盤底筋とは?】
膀胱と尿道、直腸と肛門、子宮と膣を下から支えている筋肉群のこと。
衰えてくると、せきやくしゃみ、重たいものをもったときに尿が漏れることも。
40代以降の女性は加齢とともに衰えてきます。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

バランスボールエクササイズ


・ 使用するのは20㎝の小さなものです。
片手でつかんだとき、力を少しいれるとくぼみが出来る程度にふくらませます。

・ いすは、脚の裏全体が付く高さ。 足が届かないときは、台を置いて足を安定させる。


① ボールの上に座る


椅子の上にバランスボールを置き、そのうえに座ります。
思わぬ方向に重心が偏るため、姿勢を正すこことでインナーマッスルが鍛えられます。

骨盤底筋を強化するなら、尿道、膣、肛門まわりの筋肉を意識しながら、5〜10秒ずつ引き締める。


② 腰の動きをなめらかにする


・ いすに浅く座って軽く足をひらく。背もたれとお尻の間にボールを置きます。
・ 息を吐きながら、仙骨(腰とお尻の真ん中あたりにある骨)をギュっとボールに押しつける。
首と肩はリラックスさせ、背骨を動かさないように注意をしつつ、息を吸いながら元の姿勢にもどる。

1セット3〜5回。 1日最低でも1セット。


③ 骨盤底筋を鍛える


両足を伸ばして床に座り、ひざの間にボールを挟み、おしりを左右交互に前にずらして前進。
同じようにおしりをずらしながら後進。

以上です。


どうでしょうか? これなら私にも出来そうだと感じました。
20センチと小ぶりなバランスボールでOKなのも良いですよね。

バランスボールの代わりに、ゴムボールでも良いのかなぁと思ったのですが、これは危険なためNGとされています。
ネットで20センチのバランスボールを調べてみると、650円くらいから見つかりました。

ただ、色がどれもこれもビビットです(笑)。 
大きいものなら、シルバーとかシックな色もあるのですが・・・。
できればシックな色が欲しいので、もうちょっと探してみようと思います。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 タグ
None