秋冬の冷えとりに欠かせないのがスパッツ。
先日おススメのショップと商品をご紹介しましたが、今日は失敗スパッツと履きやすいものの説明をです。
⇒⇒レギンス・スパッツの選びかた〜ゆるい冷えとり実践におススメのもの




手持ちのスパッツ(レギンス?どっち 笑)で、いちばん残念なのがこれ。
冷えとり初期のころに買ったものです。
まだどんなのが良いのかよく分からず、試しては失敗を繰り返してましたが、今見ると何でこれを選んだのか不明です・・・(笑)。

先日記事にした、選んではいけないスパッツの条件をほとんど満たしています。


◆このスパッツの残念な点


「丈が短い」


フワッとした編みかたのシルクで、履き心地は最高ですが、短いのです。
膝くらいの丈でしょうか。

冷えとりスパッツを探していると、あんがいこの丈の短いタイプって売っているのですが、意外と使えません(笑)。

この上にマキシスカートを履いてみたこともあるのですが、丈が短いため履き膝がむき出しになるため、とても冷えます。
厚みがあるため、上にパンツやデニムを重ねるとゴロゴロします(笑)

夏場に良いんじゃない?って思ったのですが、夏場にスパッツ(レギンス)は履かないものです。

もし夏場にもスパッツを履くとしたら、やはり丈の長いタイプで薄い素材のものの方が良いと思います。

「体にフィットしない」


ゆるゆると体にフィットしないタイプで、いつも膝の上までまくれあがっています。
口の部分がキュッとしまっていないものでも、長さがあれば靴下で押さえることができます。

これは丈が短いので、靴下で押さえることもできません(泣)。

「色がもろ下着(笑)」


かつては、白がとても多かったのです。黒が増えてきたときやったーと思いましたね。
それが今は、パープルやカラーのものもあるのですから、嬉しいかぎりです。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
現在の私の手持ちのスパッツです。
image-54 のコピー

パープルのものは、内側がシルクの冷えとり効果のあるもの。
先日ご紹介したしらはたさんのものです ⇒⇒シルク絹物語しらはた
大のお気に入りです。 今は履き過ぎてあちこちシースルー状態になっています(笑)。
シルク商品は破れるというよりは、薄くなっていきます。

パープルの隣のグレーのリブタイプのものも、とっても気に入っています。
これはフレンチブルという、靴下やスパッツで人気のブランドのものです。

素材はコットンとリネンのため、なんとも心地よいのです。
しかも丈がとっても長い。
ずるっと引っ張ると、トレンカのように土踏まずの辺りまで余裕で伸びます。

春や秋はこれ一枚ですが、真冬はしらはたさんの薄いスパッツを下に履いて、その上にこのフレンチブルスパッツを履きます。
もちろん、アウターとしても履けますよね。

フレンチブルはソックスも愛用していますが、シンプルなデザインも好きですし、何よりとっても丈夫です。
いったい何年履いているのだろう思うほどです。

奥の真ん中の茶色のスパッツは、無印良品のものです。
出来るだけ冷えとりは自然素材のものを使うのが良いとされています。

この無印良品のスパッツは綿が98%です。
これも春、秋は一枚で履き、冬はシルクスパッツの上に重ね履きします。

やわらかくてとても履きやすいし、ウエストがすこしハイウエストで締め付けがありません。
無印はスパッツの種類が豊富で、使いやすいものが多いのです。
毎年どんどん進化しているようにも感じますね。
秋冬は、無印良品のスパッツを欠かさずチェックしています。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村



 カテゴリ
 タグ
None