ラバーゼの水切りカゴのお話を以前少しさせていただいたのですが、今日はもっと詳しくさせてください(笑)。

料理研究家の有元葉子さんがデザインされた、ラバーゼの水切りカゴ、これに出会って水切りカゴのジプシーからやっと解放されました。

使っていてまったく飽きることの無い、このシンプルデザイン。
シンプルなもの好きな私は、見ていて飽きることがありません。
image-47 のコピー


ラバーゼの欠点


でもね、ずぼらな私にとっては大きな問題があったのです。
それは、水垢・・・。 下のトレイは少し傾斜がついていて、水が自然にシンクに流れる作りになっています。
これがとても便利なのですが、その都度拭かないと水垢が付くのです(泣)。


あなたは毎回トレイを拭ける、マメなかたでしょうか。
私は残念ながら、毎回どころかほとんど拭けないずぼら〜です。

でね、拭かないとすぐにこうなります。 汚いものをお見せしてすみません(汗)。
image-45 のコピー

本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ

水切りトレーの代用品を探す


そこで私は下のトレイを違うもので代用しようと考えました。
アイデアとしては良かったのですが、なかなか合う大きさのものが見つかりません。
バットやトレイを100均で何枚も買いました。

100均トレイがしばらく続いたあと、大きさの合わないトレイに嫌気がさし、ラバーゼ自体を使うのをヤメました。

そのあと使ってたのは、これ。

Bew 「ベウ」のキッチントレー


image-50 のコピー
どなたかのブログで拝見して、シンプルモダンなデザインが気に入ってその場でポチッとしました。

上のトレーを外すこともでき、野菜の水切りに使っている方もいます。
デザインがとても気に入って、しばらくは使っていたのですが、少量の食器ならいいけど鍋やフライパンの水切りには向きません。

ふたたび「ラバーゼが使いたいなぁ」と思うようになりました。

そこからまた、水切りトレーの代用品探しです。
ラバーゼのサイズを計ったものをメモにして、これは!と思うものがあったら、常にラバーゼの下に入れることが出来るか確認していました。

そんなときやっと出会ったのが、これ。

Richell/リッチェル Lacour/ラクール トレー SS


image-48 のコピー

このトレー、単独で使うものですが、右下に水切りの穴が空いているのが特徴です。
サイズを計ると、私の持っているラバーゼにちょうど合うサイズでした。

ラクールトレーは、フランフランで購入したと思います。

ラバーゼの下に仕込むと、こうなります。
image-49 のコピー

そして現在


今は再び、ラバーゼをフルセット(?)で使っています。
つまり一番最初の画像は、現在のものです。

なぜ再びラバーゼに戻ったかというと、水垢がきれいに取れる洗剤に出会えたからです。
ラバーゼの不満点は、水垢が残るということだけでしたから。

だけどこの水垢が手強くて・・・、いろんな洗剤を使ってもすんなり落ちることが無く、ストレスが溜まっていたのです。
それがとれるNO1に出会って、そんなストレスが一発解決。きれいに水垢が取れるようになりました。

水垢がついたトレーを、とれるNO1で洗うと、こうなります。
image-46 のコピー

ほんとうはこまめに、とれるNO1を使うと、もっともっとキレイになるのだと思います。
でも、ずぼらな私はそこまで出来ず、思いだしたとき(うんと汚れたとき)にしか磨いていません(笑)。

とれるNO1の記事はこちらです ⇒⇒ 汚れも匂いも取れる最強洗剤「とれるNO.1」を買ってきました

それでも気にならないほどきれいになるようになって、再びラバーゼ復活です♪
やっぱりラバーゼは良いです。


本日の更新状況は?
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村


ファッション ブログランキングへ
 タグ