せっかくサウンドパックで肌がきれいになってきたのに、間違ったコンシーラー使いで(笑)、シミがさらに悪化した私。
前回はここまでお話をしました。
⇒⇒ 在宅モニターを始める〜レーザーでも消えなかった頑固なシミを消すまで⑦ 

さて非接触研究会のモニターに申し込んでみました。

測定モニターは実際に非接触生活研究会のオフィスに行って、測定をしていただきます。
最初に肌の測定と肌年齢をチェックしてもらったのですが、私の肌年齢は年齢そのものでした・・・。

なんとも微妙な診断結果。 せめて一歳でも若いと嬉しかったのに・・・(笑)。

非接触研究会さんは、とにかく親切かつ丁寧に質問に答えてくれます。
その日は私の他に数人のかたが、測定にいらしていたのですが、質問内容が私も知りたかったことばかりで、一緒に聞いているととても参考になりました。

私の番になり、測定をしたあとに、頬のしみについて相談をしました。

「最近どんどん濃くなってきて、レーザー治療をしようかと思っているのですが・・・」と。

それに対してのお答えは、肌の弱い人はレーザー治療をしてもほとんどの場合、再びしみが出てくるでしょうとのことでした。

私自分の肌が弱いと思ったことは一度も無かったので、これにはかなり驚きました。
確かに2回もレーザーを照射したけど、すぐにシミは復活していましたからねぇ・・・。そっか、私の肌って弱かったんだ。

さらに非接触研究会さんによると、レーザーを使わなくても刺激物質との接触を避けたことでシミが薄くなった人は多いというのです。

希望の光が見えた気がしました 測定モニターになってよかった〜と思いましたね。

測定値に変化があるときは、良い場合も悪い場合も必ず原因があります。
悪い場合の原因=何かに接触したということです。 
反対に測定値が良くなった場合は、日常生活で肌に刺激となるものを避け切った努力の証ですね(笑)。

石けん類、抗菌剤を使ったグッズ、枕、タオル、冬場のダウンの襟元のファーやストールも顔に触れると刺激になります。
あ、そうそう。日光も刺激性物質なんですって。
とは言っても、日焼け止めはそれ自体が刺激性の物質なので肌の弱いひとは要注意です。

いくらワセリンでも、やさしい成分のファンデーションと言っても、毎日コンシーラー代わりにするなんてとんでも無いことだったのです!

その日を機に、シミをファンデーションで隠すのをヤメました。
最初は黒々したシミが気になりましたが、1日も早くシミを消したかったので、頑張りました。

すっぴんで外出することも毎日になると、だんだん慣れてくるんですよね。
「私が化粧をしてなくっても、誰も気にしない」ですしね(笑)。

伊達眼鏡は欠かせないもののひとつになりました。これがあるととても便利です。

スキンケアとファンデーションをすっかりやめ、サウンドパック(ASVC)は朝と夜に2回使いました。
湯シャンも完璧に出来るようになりました。

測定値モニターになって3か月〜半年くらいでしょうか。毎日眺めているので変化に気づきにくかったのですが、ある日鏡をみたときに驚きました。
シミが消えてる!!!

いつも会うたびに「シミ目立ってきたねぇ」「シミ取ったら?」とうるさいほどに言っていた母が、何も言わなくなりました。
それどころか「どこでシミを取ったのか教えてくれ」と詰め寄られました(笑)。

消えたのは一時的なもので、またすぐに出てくるのではないかと思っていたのですが、数年経ったいまもシミは出てきていません。

私だけじゃなく、非接触生活にしてから大きなシミが消えた人は多いようで、以前測定で同席したかたもシミが消えたとおっしゃっていました。

何も付けない、接触させないだけで、シミが消えるなんて、おもしろいですよね。
コスメやレーザーでシミが消えなかった私のような人も、あきらめちゃいけません!
きっときれいになりますよ。 何をやっても消えなかった私でさえ消えたのですから。

シミだけじゃなく、肌のキメがととのってきて透明感が出たりニキビにも効果があります。
私は以前のようにニキビが出なくなりました。

ときどきアゴに出来るのは、あきらかに鉄分が不足しているときで、サプリの飲み忘れです(笑)。

⇒⇒鉄分不足にご用心 美肌も健康も鉄分次第

⇒⇒ 全米1位のシェア医師が使うサプリ ダグラスラボラトリーズ


にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村