突然ですがあなたの体温は何度でしょうか?

女性の多くは35度台と低めです。私も体温はずっと35度台でした。


ところが・・・、低体温はアンチエイジングの敵、病気を招く元凶だと知りました。

体温が低いということは、体の中にある内蔵も冷えているということ。
低体温のあなたは要注意!放っておくと怖い「内蔵冷え」について


実際、「内蔵冷え」に思い当たる症状があったため、真剣に対策を取ることにしました。



私はまず、オリゴ糖で内臓を温めることにしました
 ↓ ↓ ↓



日本一のオリゴ糖






カイテキオリゴを毎日の習慣にしてから3週間がたったころ、計測をしてみると、
内蔵の温度は「36.8度」まで上昇したのです。「健康の合格ライン」クリアです。

image-41 のコピー

「カイテキオリゴ」の摂り方

目安は1日5g摂取とありますが、少なめから始めてみるほうが良いそうです。
私はまず、カイテキオリゴに付いてきた大さじの半分くらいの量で試してみました。




朝のヨーグルト、そしてコーヒーにもときどき入れます。

コーヒーはブラックで飲むのが好きですが、善玉菌のためですから、
試しに入れてみると、甘すぎることもなく「これなら全然OK」です。


もちろん料理に使ってもよいのですが、普通のお砂糖のように使うには
かなりの量が必要になると思います。それくら甘みは少ないです。


飲み始めて3週間。お腹の調子はさほど変わらないのですが、冒頭でも書いたように、内蔵の温度が上昇しました。

思い当たることと言えば、このカイテキオリゴしかありません。
少しずつ腸内環境が改善されているのを数値で実感できました。


カイテキオリゴがお腹に良いのはなぜ?

【理由1】腸内のビフィズス菌に好かれる栄養だから

ビフィズス菌は好き嫌いが激しく、どんなオリゴ糖とも相性がいいわけじゃありません。
そこで研究を重ねビフィズス菌に好かれるように作られたのが、カイテキオリゴです。

【理由2】砂糖を控えている人にも安心
私は低血糖になりやすいため、糖類は控えめにしています。
カイテキオリゴを積極的にとることには少し抵抗がありました。

しかしカイテキオリゴは、血糖値を急上昇する働きは無いとのことです。
実際飲んでみても、低血糖になることはありません。

【理由3】原料は安心の自然由来の成分
化学物質を使って量産し効果を一時的に上げることは簡単だけど、副作用がともなう。
そのため、カイテキオリゴは自然由来成分にこだわって作られています。

【理由4】市販のオリゴ糖では善玉菌を増やせない
じつは市販のオリゴ糖ってお値段は手頃ですが、オリゴ糖は30%程度であとは糖分です。
それでは善玉菌は増えてくれませんよね^^;

【理由5】毎日の食生活の中で、無理なく摂れる
甘みがごく少ないので、コーヒーやヨーグルトに入れても甘くなりすぎることもなく、摂りやすいのです。
私はお菓子を作ったときに、粉砂糖の代わりにたっぷりと振りかけてデコレーションにも使います。



美味しく食べて腸内の善玉菌を増やせるのはカイテキオリゴ以外でなかなか見つかりません。

通販でしか購入できないのに、1分に1個売れるほど大人気!
いろんなかたの「感動体験」のレビューも読めますよ。

あなたのお腹の悩みや、低体温を解消してくれるきっかけになると良いですね^^
100万個以上売れてるカイテキオリゴ