頑固なシミを消すまでシリーズ、非接触研究会のモニターに応募したその後です。
かなり間が空いていました、すみません(汗)。


モニターに応募すると、最初はまずASVCの中でも一番マイルドな「サウンドパック22」というのが送られてきました。
こちらを夜清潔な肌に塗って、3分経ったら洗い流すように説明書きにありました。

ちなみにモニターをするには、他のスキンケアは一切できませんし、シャンプートリートメント、ボディソープはNG。
洗濯石けんはトップクリアリキッドを使うように指示があります(以来ずっとトップクリアリキッドしか使ってません)。

夜1回だけですし、使った後の肌があきらかに、それまでとは違ったのでズボラな私も、毎日せっせと使いましたよ。


「サウンドパック22(ASVC)を使った感想」
サウンドパック22はチューブに入っています(現在使っているサウンドパックは35でジャータイプの容器です)。

高温になると溶けてしまうので、浴室に置いておくことはできません。
基本は冷蔵保存ですね。

夜ぬるま湯で洗顔をしたあとに、サウンドパックを使います。
肌にのせると、じんわりと温かくなる感触があり、良く伸びます。

人によっては、サウンドパックを塗ると、肌がぴりぴりといわれています。
これは肌が傷んでいるからで、次第にぴりぴり感は無くなるようですが、私はその前からほとんどスキンケアをしていなかったので、ぴりぴり感じることはありませんでした。

キッチリ3分計って洗い流すと(笑)、なんともいえないスッキリ感と、肌がしっとりする感じがありました。
洗い流すだけで、他に何も塗らないのだけど、不思議なしっとり感です。
他のスキンケアは一切NGということだけど、以前洗浄液だけの生活もしているし、これなら楽勝だと思いましたね。

このサウンドパック22は、湯シャンで頭皮がスッキリしないときにも使うことができます。
最初のころはときどき使っていました。
今にして思うと、湯シャンはじめのちょっと大変な時期を乗り越えれたのも、サウンドパックのおかげかもしれません。


にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村