湯シャンに一度、もしくは数回トライしたけど挫折してしまった、という人が多いそうです。

湯シャンは最初の移行期さえ乗り切れば、そこからはとっても楽チン。
夢のような日々が待っていますよ〜。

シャンプー選びに迷わないし、買いにいく手間もなし、おまけに肌トラブルがぐっと軽減するのですから。
絶対におススメなのです♪

でも、大変なのはシャンプーをヤメて数ヶ月の間ですよね。
特に今の季節に始めている人は、髪のベタ付きが気になるかもしれません。

以前もベタベタするときの対処法を書いたのですが、今日はあらたにご紹介です。


 美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
【ベタ付きを乗り越えて、湯シャンを成功させるコツ】

① シャンプー前にしっかりブラッシング。

100回を目安に、丁寧にゆっくりと。
使ったブラシは、毎回洗うようにしましょう。

② 綿の手袋や手拭を使う
髪の毛の汚れが吸着させる感じで、手袋にこすりつけていきます。

私は手袋より、綿の手拭の使いやすくて、そちらを使っていました。
かなり荒っぽく、ごしごしと手拭で髪の毛と頭皮をこすり洗いです(笑)。

③ 最初のうちは小麦粉シャンプーを使う
たまにシャンプーを使うというのは絶対にNGです。
せっかく頑張ったのに、もとの木阿弥になってしまいます。そんなもったい無いことはやめましょうねぇ(泣)。

シャンプーも石けんシャンプーならいいのでは・・・と最初のころはチラっと思ったのですが、石けんも刺激物質のひとつ。
使ってOKなのは、小麦粉シャンプーのみです。

以前小麦粉シャンプーの作りかたを書きました ⇒ ⇒ 桜沢エリカさんも実践していた小麦粉シャンプーの作りかた

自宅でシャンプー作るなんて楽しいわ♪
と思ったのですが、作り置きができないんですよね。
せいぜい3日程度しか持ちません。

そんなわけで作るのは面倒だと気づき、サウンドスタイル小麦粉シャンプーを常備しています(笑)。
ヘナなど毛染めをしたあと、美容室に行ったあとは小麦粉シャンプーを使います。
とくに毛染めのあとは、2回は洗いますね。

この小麦シャンプーでヘアブラシ、ブラシを洗うブラシも洗います。

たっぷり570mlはいって、1512円です。 サウンドスタイルHPはこちらです


④ ボディーソープ、石けん類をやめる
湯シャンが成功しない理由のひとつに、ボディーソープ類があります。

ボディーソープや石けんをつかうと、どうしても手に石けん成分が残ってしまいます。
その手で湯シャンをしていると、いつまでも石けん成分が髪の毛や頭皮から抜けていかないというわけです。


手についた汚れは意外とあなどれないものなんですよ。

体を湯洗いしている人が意外と多いことを、ブログのコメントやメールで知りました。
湯洗いをするならぜひ湯シャンも。 湯シャンをするなら、体も湯洗いがおすすめです。

肌の状態が良くなるスピードが加速しますよ。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
None