これ私のバッグインバッグの中身です。
手のひらに乗っかります。
メイク直しをしないので、ものすご〜く少ないですよね(笑)。
でもどれかひとつでも欠けると不便だし、不安です。



なかでも最近一番忘れたくないのが、右下の小さなパウチ。
これなんだと思います? 実はこれビフィズス菌です。

お腹を壊しやすい絹子。 夏場はとくに油断できません(笑)。
キュウッっとお腹が痛くなって、冷や汗たら〜りなんてしょっちゅう。

そんな私が、このビフィズス菌に出会って、そのツラさから解放されています。

これはメイトーから発売されているLKM512というビフィズス菌です。

「この夏はこのサプリに救われました〜」

【善玉菌を増やすと決める】
善玉菌の代表はビフィズス菌。
腸内を酸性にして、病原性大腸菌の感染などから防御するにはなくなはならない菌です。

しかし加齢によって減っていくもので、日常的に摂り続けることが大切です。

腸内環境を整えようと、オリゴ糖を毎日食べているのですが、オリゴ糖はビフィズス菌を増やす働きのもので、じっくりじんわりと増えるものです。

もっと早く効くものはないかなぁと考えていました。


オリゴ糖を摂っているのだから、元となるビフィズス菌を積極的にとってはどうか?と気づきました。

【ビフィズスサプリ探し】
ビフィズス菌のサプリを探すと、その種類の多さにビックリ!
こんなにビフィズス業界は活況だったなんて、知らなかったわ!

さてどれにしようと思ったときに、「顆粒で持ち運びが出来るもの」を探しました。

経験されている人も多いと思いますが。お腹が痛くなるときって場所も時間も選びません。急に痛くなります・・・。そんなときに直に飲めるものがあればいいなぁと。

そして、そのときだけじゃなく腸内環境を底上げしてくれるもの。
これが私の条件。

そうして見つけたのが、LKM512です。
共同乳業株式会社(メイトー)と聞いて、まず思い出すのはプリンですよね。
整腸剤のイメージはまったくありません。

最初は私もどうかなぁ?と思ったのですが、サイトを見ているうちになんだか引き込まれてしまいました。
見やすくて可愛かったもので。
腸年齢チェックがあって、調べてみると年齢+10歳でした・・・。



あなたの腸年齢は何歳? こちらでチェックできますよ
 ↓ ↓ ↓
科学的に効果が証明されているビフィズス菌LKM512



最初はまったくノーマークだった、LKM512ですが何やらすごいものらしいのです。

【LKM512のすごいところ】
ビフィズス菌商品はいくつもありますが、どのビフィズス菌も腸内環境を整えることが出来るかといえば、大違いだそうです。

LKMは胃酸と胆汁に負けずケタ違いの力で、腸へ到達します
   ↓
さらに大腸で元気に増えポリアミンをつくります

【ポリアミンとは?】
お母さんの初乳に多く含まれる物質。
細胞を元気にする強力な力があります。

また悪玉菌が増え過ぎて腸内細菌のDNAが狂ったときも、修正してくれるので、大腸ガンの予防にも役立ち、腸の細胞を若返らせる働きがあります。

30包で4千円。ちょっとお値段が高いなぁ〜、しばし迷いましたが、一度気になるともうダメですね。思いきって注文してみました。




サイトはとても充実していたけど、同封されていた冊子はあっさりとした内容。

翌日出かける前に飲んでみました。
扇風機の風で吹っ飛んでしまいそうな、サラサラのパウダーで、そのまま顆粒のまま飲むと、ほんのり甘い。

顆粒が喉にひっかることもありません。
あまりにやさしい味で、これで効くのか?不安にもなりました(笑)。

ところがですよ・・・、LKMを飲んだその日まったくお腹の調子が悪くならず、翌日もお腹の調子は悪くならないのです。

即効性があるようで私にはすぐに効いたのです!
これだよ、欲しかったのは〜。泣きたくなるほど嬉しくなりました(大げさ?)。

以来飲んでいるのですが、持続性もあるので、一度飲むと数日飲まなくても良い状態でいれます。

これはポリアミンがお腹で腸内環境をどんどん増やしてくれているからでしょうねぇ。

私は便秘症ではないのですが、腸内環境を整えるものなので、もちろん便秘のかたにも効果があります。

ちょっと高価に感じますが、4000円で30包ですから、一包み134円といったところ。
オットの大好きなチョコボール二個分です。 チョコボールじゃ腸内環境は整わないしね(笑)。

そう思うと安心して、ケチらずに飲めます(笑)。

便秘や、下痢のかた、腸内環境ととのえてみませんか?
驚くほど快適な日々が待ってますよ〜。不調を慢性化させちゃいけないなぁと改めて感じました。

お得なお試しは10日分で1000円ですって!
 ↓ ↓ ↓
メイトー/ビフィズス菌LKM512


 カテゴリ
 タグ
None