伊藤まさこさんは、掃除の行き届かない部屋の隅にたまるよどんだ空気を「もやり」と呼んでいるんですって。
よどんだ空気が大の苦手だそうです。

ただ今わが家、もやりまくってます。

ワンの毛が抜ける時期なのと、暑さで掃除がおろそかに・・・ズボラですみません(泣)。

伊藤まさこさんといえば、モノへの自分なりのこだわりがしっかりとあり、たとえ年に数回しか使わないものであっても、
ぜったいに妥協しません。

と言ってもストイックすぎる感じではなく、暮らしを楽しくするための手段のひとつと考えているように見受けられます。

伊藤まさこさんのお掃除道具が、少し前のクロワッサンに載っていました。

レデッカーブックブラシです。


本の上って、ホコリが積もりますよね〜。
それを払う専門のブラシがレデッカーにあるなんて! 初めて知りました。

レデッカー社はドイツを拠点とした生活用品を提案する老舗メーカー。
シンプルでナチュラルなデザインが人気です。デザイン性だけじゃなく使いやすさにも定評があります。
またピンポイントで使うものも多くて、選ぶのも楽しいメーカーですね。

先の部分を本の角に沿わせるようにして、ホコリを払うんですってー。


美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村

このシンプルで美しいフォルムのちり取りとブラシのセットは、スウェーデンの「イリス ハンドバーク
100年以上の歴史をもつブランドで、手仕事で丁寧に作られているそうです。



伊藤さんのお気に入りのブラシ類は、レデッカーとイリス ハンドバークが多いようです。
ほかにもレデッカーパソコン用ブラシ飾り棚や置物の掃除用のブラシバケツ

イリス ハンドバークベジタブルブラシボディブラシキッチンブラシを愛用していらっしゃいます。

多様性のあるものもいいけど、こうした「専用」のブラシがたくさんあるとお掃除が苦手な私でもやる気が出るかも(笑)。

ひとつだけわが家にもレデッカーのブラシがあります。



これは「隙間専用」のブラシです。
冷蔵庫の下や、本棚の下、ほんの2センチ程度の隙間があればどこにでも入って、ホコリと汚れをとってくれるすぐれものです。

ブラシ部分が長くて、良い感じにしなるのがポイントです。
山羊の毛を使っていて、最初のころは「獣臭」がしていましたが(笑)、洗うこともできるのです。

このブラシを使うお掃除は楽しくって、大好きです。

美と健康の情報はココみてね♪
   ↓ ↓ ↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ
にほんブログ村
 タグ
None